4063727696最新単行本第13巻の発売を1月22日に控え、いつまで過去編が続くんだろう?なんてそろそろ思い始めなくもないジャイキリ第145話。今年はBSでアニメ化されるしW杯もあるし、さらに注目度が増していきそうですね。

年末年始は合併号を挟むので間隔が空いてしまいますが、新年1発目。今回はあの人が登場してきましたね。

ところで、過去編を見ていると、現在と照らし合わせて年齢設定に色々と無理が生じてきているような・・・。


東京ダービーで2得点を挙げ、ヘルポーフェン代表監督の会見においても名指しで期待していると告げられた達海。そうなると、スポーツ新聞や他メディアが黙っているはずも無く、ここぞとばかりに煽る煽る。

「達海10番!?」
「日本代表W杯エースは達海」
「司令塔、成田から達海へ」

そうしたことから、ETUの練習場にも達海の姿を一目見ようとミーハーなファンが集まり賑やかになってくるのですが、他の選手はどうにもやりにくそう。10番の松本さんなんかはエースナンバーを背負ってるというのに、そのミーハーファンから「達海くん呼んできて」とパシり扱い。達海目当てで見に来ている一見さんだから仕方ないとはいえ、不憫ですねえ。

ただ、これまでにも素晴らしいパフォーマンスを魅せてきているだろう?というのが普段から達海を見てきているチームメイトの評価。ようやくかと、遅いくらいだと。普段からメディア露出があれば違うんだろうけど、ETUはそうでもないでしょうからね。

達海に差を付けられたままじゃETUは強くならない。俺達も頑張らないとな。なんて話をしているところで、オカマのファンから絡まれているのは当時からコーチだった松ちゃん。達海達海と達海目当てでしかないファンにいよいよ堪忍袋の緒が切れたのか、「達海は怪我の影響出練習には参加しません。よって練習場にも現れませんからねー!」と散らし、ファンからブーイングに晒されてます。

その頃達海は、お好み焼きや「このみん」で食事中。相手は、後藤さん!やっと出て来た。京都に移籍して今は敵同士のようですが、達海やETUを想う気持ちは当然あって、遠征帰りによく顔を出しているようですね。そんな気持ちを知ってか知らずかいつも通り飄々としている達海ですが。

右足首と左膝、両足を痛めて戦列から離脱している達海。注目が集まる中で代表も辞退してさぞ無念だろうなと心配する後藤さんですが、達海は本心を語らず。CM撮影は乗り気じゃないらしく、他に何かクラブになることを・・・という達海。ですが後藤さんは、お前はクラブのためになるこをしているよ。と告げます。マイナスになることならば、笠野さんがなんとかしてくれているはずだと。

後藤さんに移籍を薦めたのも笠野さんで、引退の2文字がちらついていた後藤さんに、いっぺん違う景色見てこい。駄目だったらもっかい面倒見てやるよと背中を押し、まだ現役を続ける事が出来ているようです。でも後藤さんって達海と4つ違いだっけ。まだ引退とかいう時期じゃないだろうと思うんだけど、まあ選手によって現役へのこだわりも色々あるからね。

さて、もの凄い信頼を得ている笠野GMですが、もしかして達海の評価を見誤っているのではないかという疑念がダービーを見ていても沸いてきていますね。もはやETUの枠に収まり切らない選手ではないのかと。メディアの扱いの大きさを見て、まだ払拭し切れていないようですが、今シーズンは優勝を狙える位置にあるらしく、余計な事を考えている暇は無いと気を引き締めなおします。ところがそんな折、イギリス滞在中の梨田記者から国際電話が。

電話の内容は、イングランドのクラブが達海を獲りたがっているというウワサがある。というもの。一度は会長が美談にしたてて封印された海外移籍ですが、これが1巻の有里ちゃん回想シーンに繋がっていくのかな?なんていうところで、今週はここまで。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で