序盤から両チームの若きエースが火花を散らすETU対大阪ッ。なジャイアントキリング第335話。ミスターETU村越がインターセプトし、そのままドリブルでゴリゴリ上がっていきます。

大阪のセンターバック寺内を引きつけたところで、村越は右サイドのガブリエルへ。そこからガブはダイレクトで中央の夏木へ。夏木にはリマがついていますが、スペースを作ってシュート!が、これは大阪キーパー今井が正面でがっちりキャッチ。先制点ならず。

名古屋線の活躍で満足することなく、貪欲に得点を求める夏木。カップ戦も含めた全試合のチーム内得点王が今のところ王子であることも、ストライカー的にはすごく気になっているみたい。

大阪の攻撃を封じ、チャンスも作り出す。どうやら序盤はETUペース。大阪の攻撃を組み立てる志村を村越が徹底マークしている上に、ボールの入るタイミングでは椿も来て2人で挟む。自由にさせません。窪田は殿山に手を焼き、平賀もショートカウンターを警戒して意識が守備向きに。EUTの両翼が優位に立ち、サイドの攻防でも後手を踏んでいます。

そして相性。自分のスタイルを貫くダルファーは、達海にとっては研究しやすい相手。首位に立っているとはいえ、戦いやすい相手なのかもしれません。

ダルファーの攻めろ攻めろ光線に気がついた志村。片山のイエローで試合が止まり、守備陣に対して「身近な人からの贈り物も嬉しいけどさ、海外の人からのプレゼントとかって、何かさ…ロマン感じたりするよね」と、志村ワールド全開の言葉をかけます。中盤を経由せず、後ろから前線へロングボールを送るパターンも作ったらどうかの意味。

「きっと遠くからの贈り物って、貰う人は大事にすると思うんだ」

変な髪型のハウアーですが、実力は確か。こぼれだまを拾う窪田もいますしね。

ETU側も黙ってはいません。ガブに日本語で話しかける赤崎。キレキレのガブに、小室がスピードに慣れてくる前に、もっとボールを要求して仕掛けるように伝えます。ちゃんと伝わったのかどうかは分かりませんが、なんとなく伝わったようで「OK」と返すガブ。

志村が伝えたとおり、ゴール前のこぼれ球を拾った寺内はハウアーを狙ってロングボールを送ります。が、これも達海の狙い通りか「よしきた」といったところで今週はここまで。

要の選手が守備側にいるのにいつの間にか大阪ディフェンスが手薄なことにされていたり、達海の掌で踊らされている感満載ですが、この先どーなる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で