残り少ない時間を使って攻めるETUですが、大阪の堅い守備陣に阻まれてしまい、やっと出番が来たセリーのシュートも代表LSB小室かな?にブロックされてしまいます。ぐあー。ちなみに大阪の得点は17分と37分みたいです。


何も出来ずに終わったETUの前半。ロッカールームではやっぱりクロが大騒ぎ。ハウアーをマークしてたクロ、窪田をマークしていた杉江。前半の2失点はETUの2枚看板がやられて献上した2点なわけです。

「守備の要がやられててチームが勝てるわけねえだろ!!」
「そんなわけでお前ら!俺たちを殴れ!さあ!」

責任感じちゃってます。が、2点ともサイドから切り崩されてのものでもあるし、守備陣全体の問題だと重苦しいムードに。

しかし達海の眼は死んではいませんよー。後半は大逆襲がおっぱじまる予定。2−0というスコアはサッカーにおいて一番危険だと言われる数字ですし、大阪は前半の結果に気をよくして、試合はおろか1対1でも負けるなんてコトは誰一人微塵も思っていない状態。

志村は相変わらずの自分ワールドですか。長袖にしておいて良かったって、遠藤がモデルなんでしょうかね。キャプテンの平賀(顔的にベテランでしょうか)も落ち着いて不調っぽい王子の様子を分析。ダルファー監督も、負ける気がしないという選手達をさらに鼓舞するように

「大丈夫だ。君たちに負ける要素はない」と鼓舞。

ハウアー=バレー?
窪田=二川?
志村=遠藤?

そんなつまんねー面しておもしろいことできっかよと、後半に向けての作戦が展開されるといったところで・・・以下、次号!

モーニングのジャイキリページにて、デスクトップ壁紙が配布中。いつのまに。夏木復帰前のイレブン画像がイイですね。タンさん!→サイトはコチラ

大阪でここまで日本代表が出てくると東京V戦も大変なことになりそうですね。もっちーや三雲との再戦がアツくなりそう。他の代表メンバーはどのチームに所属しているんだろうね。ジャイキリワールド内での代表ユニがどんなものに仕上がっているのか、その辺も気になります。そのうち代表戦も描かれたりするんだろうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で