勝ち試合後のお楽しみといえば。な、ジャイアントキリング第328話。ならぬ328.5話。最新単行本第31巻は4月23日発売。アパレルブランド「ミハラヤスヒロ」とのコラボも発表されました。


今週はツジトモ先生が取材ということで、休載ではないものの短縮バージョンで掲載。327話後の0.5話分なら327.5話ではないかと思うのですが、1.5話分換算の328.5話が掲載されています。この辺は得点経過といい最近なんだか雑ですが、まあ気にしない。

まず、これまでの順位をおさらい。第23節終了時点の順位は、第265話の広島戦終了後、山さんのスマートフォンで順位を見るコータからの情報です

リーグジャパン:第23節終了時点の順位

1位: 勝点45/大阪ガンナーズ
2位: 勝点44/清水インパルス
3位: 勝点41/川崎フロンティア
4位: 勝点41/鹿島ワンダラーズ
5位: 勝点40/ETU
6位: 勝点39/ジャベリン磐田
7位: 勝点38/東京ヴィクトリー

そして第24節分。これまで出てきていた情報や、今週判明したものから算出しています。

リーグジャパン:第24節終了時点の順位

1位: 勝点48/大阪ガンナーズ(1位)
2位: 勝点47/清水インパルス(3連勝)
3位: 勝点44/鹿島ワンダラーズ(川崎と勝点3差)
4位: 勝点42/ジャベリン磐田(第290話、佐野や椿らのコメントから)
5位: 勝点41/川崎フロンティア(鹿島と勝点3差)
6位: 勝点41/東京ヴィクトリー
7位: 勝点40/ETU(第24節の敗戦で磐田と東京Vに抜かれる)
8位: 勝点??/モンテビア山形(サックラー4連勝)
9位: 勝点??/名古屋グランパレス第299話で現在の順位が判明)
10位: 勝点??/浦和レッドスター(連勝しても10位)
中略
ーーーーーーーーーー降格圏ーーーーーーーーーー
16位: 勝点??/
17位: 勝点??/FC札幌
18位: 勝点??/

ケーブルテレビの専門番組っぽい「FOOTTO」が伝えるのは、各地で行われたリーグジャパン第25節の様子。リーグ戦が終盤に入っているということもあり、上位陣の気になる試合結果が4試合伝えられています。

平賀を怪我で欠く1位大阪、2位清水がドローで足踏みする中、かつての調子を取り戻した鹿島が札幌に圧勝して接近し、1位から3位まで勝点1差ずつの大混戦に。

4位以下の順位は磐田の結果次第ですが、判明している分のポイントは加算。達海がタイトル狙う宣言をしていたように、ETUにもチャンスがあります。ジャイキリのモデルと言われているJリーグの2007シーズンは鹿島が大逆転優勝をさらっていきましたが、ジャイキリ界はリーグ戦残り9試合で、どのチームが抜け出していくのでしょうか。

リーグジャパン:第25節の結果

浦和レッドスター 1:1 大阪ガンナーズ(得点者/浦和:越後 大阪:窪田)
モンテビア山形 0:0 清水インパルス
FC札幌 0:3 鹿島ワンダラーズ(得点者/鹿島:アンデルソン、パク・テヒ、福森)
川崎フロンティア 0:1 東京ヴィクトリー(得点者/東京:持田)

リーグジャパン:第25節終了時点の勝点と順位(暫定)

1位: 勝点49/△大阪ガンナーズ
2位: 勝点48/△清水インパルス
3位: 勝点47/○鹿島ワンダラーズ
?位: 勝点44/○東京ヴィクトリー
?位: 勝点43/○ETU
?位: 勝点42+α/ージャベリン磐田
?位: 勝点41/●川崎フロンティア

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で