夏木持ちすぎだよ夏木・・・。
続々と大阪の選手名やポジションが判明してきておりますが、キャプテン平賀のポジションはやはりボランチ。そして今週新たにCBの寺内、左SBの小室選手が判明しました。えっ、そしてこの2人は日本代表なんですか?

んで、フォメはおそらくこんな感じなんだろうと勝手に想像。ハウアーCF、畑、片山はST、窪田はFW登録ながら下がり目1.5~2列目くらいのOMF、志村はCMF、平賀DMF、SBの選手が出てきたので3バックは無いだろうということで、4−3−3or登録上だとまさかの4-2-4?まーいいや。

    

 

 

 

 

ハウアー
片山
窪田
志村
平賀C
小室 誰か
寺内 誰か
誰か

こんな感じだろー。間違っていたらこっそり訂正します。

さて、攻めに転じたETUですが、大阪DF陣の素早いプレッシャーの前にあっさりボールロスト。また波状攻撃に晒されてしまうのか・・・?!といったところでコッシーがボールカット!Mr.ETUキター!!ここから王子→椿と再びボールを動かしますが・・・平賀が椿の足を警戒して先読みクリア。王子どうしたー。

王子はやはり不調?
と、パスボールのキレのなさを見て平賀が仮説を立てます。
王子の調子が悪いとETUの攻撃が機能不全に陥ってしまうわけですが、さてどうなる・・・。

一番抑えなくてはいけないのは窪田なのですが、
ETUナンバー1DFの杉江がマンマークについていながらことごとくセカンドボールを拾われてしまいます。ブラン監督も注目のこの7番、達海も当然ここの勝負で勝たないと試合の勝機も見えてこないと読んでいるようですが、杉江抑えられるか・・・?!!

といったところで、以下次号!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で