エースだからとエゴイストになる必要は無い。チームとして勝てればそれでいい。という達海の考えによって、攻撃が上手く回り始めたETU。前半とはうって変わって攻勢に出ますが、しかし相手は王者ヴィクトリー。そう簡単に崩されはしません。


守備の厚いところを無理して崩しにかかるのではなく、厚いところがあれば薄くなるスペースもあるのがサッカー。であるならば、右サイドが難しいとなると一旦達海に戻してそこから手薄な左へ展開。右に寄ったヴィクトリー守備陣の裏をかき、左サイドからフリーでクロスを入れていきます。しかしこれはちょっと長く、ゴール前に飛び込んできた選手は届かず。キーパーとディフェンダーとの間を上手く狙った低めのいいクロスでしたが、残念。

成田はここで自分と達海との違いを完全に認識したか。自らが主役になるタイプのエースプレイヤーである成田と、チームを活かしてこそエースだとする達海(もともと達海にエースだという自覚は無さそうだけど)。サッカーの神様はどちらに微笑む?

味方が生き生きしたプレーを見せてくれることで、試合の面白さも増しているよう。達海自身も相当調子がよく、いつも以上に視野が広く見えているようです。まるで鳥にでもなった気分だよ。と、残り時間を気にしながらも、絶好調の自分を楽しんでいる感じ。

しかし・・・・・・守備に戻る途中、芝に左足を付いた瞬間に感じた、これまでにない痛み、違和感。いよいよ怪我が深刻な状態になってしまうのか。まだそれに気が付いた人はおらず、スタジアムは熱狂。

ここでスタンド―
前半と比べてチャンスを多く作れていることで、好意的に試合を見ている秘書さん。しかし会長はそれを認識しつつも達海が活躍出来ていないことで苛立っているようです。やはりどこかでインパクトのあるプレー=得点を見せて欲しい。チャンス止まりではいけないのだ。というのが会長の意図するところ。勝手に持ち上げている感はありますが、この東京ダービーは成田と達海という日本代表のエース対決でもあります。存在感で上回ってもらわないと、広告に響くというもの。

会長を諭すように笠野さんは「仕方ないですよ会長。達海ってのは、試合毎に主役になる選手は変わる。そういう考えの奴ですから」と呟きます。別に今日、ダービーだから、日本代表のエース対決だからといっても、自分が主役じゃなくていい。状況において自分のすべきプレーを的確に判断出来るプレーヤー=エースという考え。ボランチに下がったことで派手なシュートシーンは見られなくなったけれど、現時点でのプレーの方が代表には欠かせませんよ。と、笠野さんは考えているようです。10年前だとちょうどトップ下からボランチに注目が移りはじめる頃でしょうかね。

その話を聞いて会長は、「私だってそう思っとる!」と譲りません。平行線ですね。。。

ヴィクトリーのボールをインターセプトし、再びETUボール。達海動けるか?中盤から一気にゴール前のFWへカウンターを仕掛けるETU。これが通って、ペナルティエリア前左やや遠いところからミドルシュート!これはポストに当たってはじき返されますが、そのこぼれ球をET選手も競ってさらにボールは転々。走り込んできたETU17番がボールに食らいつきシュート!しかしこれをヴィクトリーDFが体を張ってブロック。もう一度ボールがこぼれます。むむむ。

「うう・・・!お願い・・・!誰か・・・誰か打ってー!!」

そんな有里ちゃんの叫びに応えたのは、やっぱり達海!右足を振り抜くと、ボールはヴィクトリーゴールネットを揺らし、ETU同点!!といったところで、今週はここまで。いよいよ達海の怪我が深刻なりそうだったり、会長がちょっと可愛いところを見せたりと見せ場が増えてきていますが、僕が気になるのは、後のスカルズリーダー・羽田青年です。達海のこのプレーを生で見て、どう感じているんだろう?何がきっかけでコアサポになって、コールリーダーにまでなったんだろう?というのが今後どこまで描かれるのかどうか分からないけれど、気になりますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で