ヴァンガード甲府がETU石浜を獲得へ―。ということで、中断期間恒例の移籍話が持ち上がった先週のジャイアント・キリング。

藤澤さんや山井さんらETU担当記者も集まり、石浜の動向に注目しています。

石浜は序盤、右SBに抜擢され起用されていましたが、川崎戦以降は再び石神に右SBのポジションを譲り、ベンチの日々。


ポジション争いが正常に機能しているように見えますが、渦中の選手の中には、サブ暮らしが続くならスタメンとして出られるクラブに行きたいという思う場合もあるでしょう。

先週は、練習終わったらちょっといいかと達海に呼び出されたところで終了。まだ練習は続いているようで、石浜と達海の個人面談はもう少し後になりそうです。

石浜の移籍話で火が点いた清川。サブ組の石浜とは紅白戦だとマッチアップする形。ドリブルで仕掛けてくる清川を止めに行く石浜でしたが、目つきの変わった清川に振り切られてしまいます。清川は中へ切り返し、そこから思い切ってループシュート。これにはキーパー佐野さんもびっくりして止めることが出来ず、ゴールを決められてしまいます。

それにしてもガチガチにゴール前に張り付いてたのにループ決められてしまう佐野さんって・・・頼りない。そして、未だ選手名鑑に載らないDF小林も、久しぶりに後ろ姿を見せてくれています。

清川の変化に驚きを隠せない石浜。スタメンで出ている清川と、サブに甘んじている石浜との間で、少しずつ能力に差が付き始めているのだろうか。このままでいいのか?その様子を黙って見つめる達海。

さて、練習も終わり、記者達は後藤GMへ取材。後藤さんは先週と同じように、
「ウチとしては石浜を出す気は毛頭ないよ。彼は貴重な戦力だ。その事は本人にも伝えてあるし、彼も残留を第一に考えていると聞いている」と繰り返します。

藤澤さんは次に、練習後の選手達へ石浜の評価を聞き込み。
選手達から見えてきた石浜への評価、そしてETUというクラブから改めて感じる、ファミリーのようなまとまった印象を受けたようです。ETU側にとってメリットのないこの移籍話。このまま収束してしまいそうですが、達海の話が残ってました。達海は石浜に何を話すのだろうか。

フレッドペリーのポロシャツを来て、だいぶ待っているような石浜の前に、「おう、待たせたね」とようやく現れた達海。スイカバー食べてますけど。石浜の前でならパイナップルの方が、いやなんでもない。

石浜の話の前に、まず俺から話があるということで、ホワイトボードを使って甲府の戦術を説明し始める達海。甲府の戦術におけるSBに対しての要求の多さを説いていきます。

そして、これだけ人が動く戦術の中でSBやるというのは、間違いなくやり甲斐はあるんじゃない?と、一見移籍を薦めているかに見えます。しかし、移籍によるデメリットを伝えることも忘れません。

出来上がったチームに途中から入り、戦術を覚えることの難しさ。自分の特徴を相手に伝える事、相手の特徴を把握すること。出来なければ今以上に出られない可能性もあると、安易な移籍に釘を刺します。石浜もそれは承知の上。甲府の人事部との話し合いでも、それは言われているようです。しかし、また石浜を持ち上げる達海。お前ほどフィジカルに恵まれててスタミナあるやつは甲府にはいないよとフォロー。

そして本題。
移籍するにしてもしないにしても、石浜の課題は戦術理解が足りないこと。無駄な動きが多く、余裕が無いから判断も遅い。そして、その課題を克服させたいがために、今は外からゲームを見せているという達海。伸びる確信があるからこその、現在の起用なんだということを伝えます。

「今、お前はやれないからベンチにいるんじゃねえ。これからやるために・・・・・・、後半戦で爆発してもらうためにベンチに入れてんだ」

こう言われると言うことは、スタメンからサブに落ちてちょっと腐ってたのかもしれませんね。それを今回の個人面談で、期待されている事を改めて気付かされたと。赤崎にもダメだしされるし、描かれる場面ではいいところ無しで不憫な役回りの石浜ですが、これをきっかけにいい方向へ向かっていくのだろうか。

そして、

「だから、残ってくれないか?石浜。
俺のやりたいフットボールにお前の力は必要なんだ」

監督にここまで言わせて、どうする石浜。どうなる石浜-。
といったところで今週はここまで。

思えば達海組として抜擢された中の1人なわけですから、スピード、スタミナ面はベテラン勢に劣ってはいないわけで。恵まれたフィジカルもあって、そこに戦術理解も加われば、確かに面白い展開は増えていきそうですね。守備も安定するだろうし。

後半戦に向けて着々と手を打っているジャイキリ。
一巡しているので対戦チームの新鮮味にはどうしても欠けてしまいます。新キャラもオールスターで出てきているし、前半目立たなかったクラブにも着目されそうな予感ですね。札幌はまた噛ませで終わりそうですが。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で