ジャイアントキリングに登場する魅力的なライバルクラブ達。紹介の後編です。大分には果たしてシャムスカみたいな監督が居るのかどうかも気になる所。

アルビレオス新潟 / Albireos Niigata

リーグ戦第9節で対戦。

ヴァンガード甲府 / VANGARD Kofu

リーグ戦第7節で対戦。大阪との試合では前半で4得点を献上する噛ませ役として登場。

清水インパルス / Shimizu IMPULSE

リーグ戦第3節、カップ戦第1節、第4節で対戦。
てきの10ばん/**: 10
2年前までドリさんと一緒にプレーしていたことからやりづらさを感じ、PKを外してしまう。
いばた(Ibata)/**: 18
若手DFの亀井に倒されPKげっと。はじいたボールを押し込む。
うらた(Urata)**: 7
右サイドの選手。カップ戦4節で清川を交わしてラストパスを送る。
てきの13ばん/**: 13
てきの2ばん/DF: 2
カップ戦第04節、世良のスピードに競り負けていた。
てきの25ばん/DF: 25
椿からボールを奪いカウンターの基点に。世良の得点シーンにも登場。カップ戦第04節では交代で入った堺とのマッチアップシーンも。
てきの21ばん/GK: 21
清水のゴールキーパーだ。
大谷(Otani)/**: **
五輪代表。

ジャベリン磐田 / Javelin Iwata

達海率いる新生ETU開幕戦の相手。昨シーズンは6位。胸サポはNack
倉茂/監督
チームを率いて14年というベテラン監督。そのパスサッカーは、知的というより狡猾と称される。達海をして、当たるならもう少し先が良かったと言わせる知将。
てきの13ばん/**: 13
ミスキックだったがそのままゴール。そこからETUは…
てきの9ばん/**: 9
ゴール後の13番と一緒に喜ぶ

名古屋グランパレス / Nagoya Grampalace

リーグ戦第4節で対戦。元代表と代表クラス2人という強力ブラジルトリオの活躍で、カップ・リーグ含めてETUと対戦時まで無敗で勝ち進む。布陣は4-4-2のダイヤ型かな? 主要選手のウイイレエディットはこちら
不破/監督
過去にETUを2部に落とした因縁を持つ監督。資金力にものを言わせた大型補強でリーグ戦を突き進む。
ペペ(Pepe)/FW: 20
ブラジルトリオの1人。ハーフタイムでもよく食べるんだ。スピードと決定力を併せ持った強力FWだぞ。
ゼウベルト(Zelberto)/MF: 8
ブラジルトリオの1人。ツッコミ担当だがのりやすい。広い視野と抜群のパスセンスでトップ下から名古屋の攻撃を組み立てる司令塔なんだ。
カルロス(Carlos)/MF: 17
ブラジルトリオの1人。おっとり喋るマイペースなボランチ。攻守の要で実は一番のキーマンなんだ。
板垣(Itagaki)/FW: 11
自称名古屋のエース。ペペの加入で不慣れな左を任されているぞ。ドミンゴ仕込みの攻撃は黒田に封じられてしまうんだ。
関根(Sekine)/MF: 13
ゼウベルトに呼ばれた。右サイドの選手
谷(Tani)/MF: 7
影は薄いが名古屋のキャプテン。左サイド。前半終了間際に板垣とスイッチし、オーバーラップからクロスをあげる後半も黒田のコースをブロックしたり献身的なプレーヤーなんだ。
山野(Yamano)/DF: 19
左サイドバック。赤崎とマッチアップ
山崎(Yamazaki)/DF: 26
右サイドバック
加賀(Kaga)/DF: 2
右のセンターバック
藤川(Fujikawa)/DF: 4
左のセンターバック
上原(Uehara)/GK: 1
名古屋のゴールキーパー
ドミンゴ(Domingo)/FW: 11
かつて名古屋に在籍していた、コロンビア国籍のアフロFW。ぶっちぎりのスピードを持っていた。現在はコーヒーショップを経営している。

大阪ガンナーズ / Osaka Gunners

昨季は2位。超攻撃的な布陣で今季は首位独走中。
ダルファー/監督
超攻撃的なチームを指揮する陽気なオランダ人監督だ。
ソノダ/通訳
ダルファー監督と相性◎な通訳さんだ。
平賀(Hiraga)/MF: 5
日本代表。キャプテン。ハードワークを信条としているボランチで、前線が攻撃的な大阪中盤守備の要。
志村(Shimura)/MF: 10
日本代表。超攻撃的なFW陣を指揮する司令塔だ。独特なマイワールドで他の選手と会話が噛み合わないぞ。愛称は「シムさん」
ハウアー(Hauer)/FW: 18
髪型を大事にする長身の外国人FW。センターフォワードで、ポストプレーもこなすが足元は余り上手くない。
片山(Katayama)/FW: 13
ダイヤ型4トップの右のアタッカー。ロン毛。畑以上の得点を目指す。
畑(Hatake)/FW: 11
ダイヤ型4トップの左アタッカー。金髪短めソフトモヒカン。片山以上の得点を目指す。
窪田(Kubota)/FW: 7
五輪代表。ダイヤ型4トップの後方を務める。得点能力はさることながら、元ボランチだけあってカバーリング・セカンドボール奪取能力も高い。課題はスタミナとフィジカル。笑い声は「わはっ」
小室(Komuro)/DF: 8
日本代表。大阪の左サイドバック。
寺内(Terauchi)/DF: 6
日本代表。大阪のセンターバックの一角。
リマ(Lima)/DF: 2
大阪の外国人センターバック
坂元(Sakamoto)/DF: 20
大阪の右サイドバック。
大友(Otomo)/MF: 14
窪田に代わって投入されたボランチ。
今井(Imai)/GK: 1
大阪ゴールキーパー
ただ(Tada)/DF: 3
控えDF
さわき(Sawaki)/DF: 4
控えDF
葛城(Katsuragi)/MF: 26
控えMF
南(Minami)/MF: 19
控えMF
もとの(Motono)/FW: 9
控えFW
みねた(Mineta)/GK: 21
控えGK

ウィッセル神戸 / Wissel Kobe

リーグ戦第15節、第19節で対戦。
新堂(SHINDO)/FW: 9
フィジカルの強いFW
ブルーノ(BRUNO)/FW: 10
先制点を決めた神戸のエース外国人。
細川(HOSOKAWA)/**: 16
途中出場のサイドアタッカー。スピードが武器。
永井(NAGAI)/MF: 7
右サイドの選手

てきの11ばん/**: 11
髪型が石浜っぽい。ボールによく絡む
てきの14ばん/DF: 14
右SB。天パなのかリーゼント風なのか
てきの2ばん/DF: 2
CB。夏木に仕事をさせない

サンアロー広島 / Sunarrow Hiroshima

リーグ戦第2節で対戦。
見事なダイジェストでその他は不明。
てきの10ばん/**: 10
特になし
てきの22ばん/**: 22
画だけ

大分トリプレックス / Toriplex Oita

リーグ戦第11節で対戦。描写は無し。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で