怪我で引退したはずだった指揮官の、突然の現役復帰発言に衝撃が走るETU。な、ジャイアントキリング第291話。千葉戦終盤収録の最新単行本第27巻&ムック「extra Vol.13ETU × adidasプロダクトもまだまだ発売中。


リーグジャパンの規約上、選手兼監督は認められていませんが、「選手として登録し直すってんならアリなんじゃねえの?」と、乗り気な笠野さん。達海発言の裏を知っていそうな感じではあります。

「制度上監督兼任が無理ってんなら、待つちゃんあたりを監督に据えて、事実上の傀儡政権にしちゃえばいいわけだし」
「わ、私が監督…ゴクリ」

浮かれる松ちゃん。でも松ちゃん、傀儡ですよ。操り人形ですよ。

「どうよ、ナイスアイデアだと思わない?」

とはいうものの、あまりに突然の発言にみんな言葉が出ません。王子は一緒にプレーするのは楽しそうだと軽い調子で賛成。すると、「何が、ナイスアイデアよ…」とわなわなさせながら有里ちゃんが。達海の方をバッと指さし、

「あたしにとってのプレーヤー・達海猛は、もう死んだの!!」

とバッサリ。全盛期の輝きを、綺麗な記憶のまま残しておきたいと、しまいには泣き出してしまいます。達海は、確かに昔と比べたら衰えてる麺はあるにせよ、それでもやれると思っているからこうして言っていると返します。ETUの面々に負けない程度には自信があると。

ポカーンとしてる選手達の中、厳しい表情でいるのはキャプテン村越。「なんでだ?」と、達海に問いかけます。

「俺が知りたいのは、あんたの今の実力より、なんでんたがこのタイミングでその考えに至ったかだ」

すると達海から厳しく衝撃的な一言が。

「そんなもん、ちょっと考えりゃわかるだろ。使える選手が少ねえからだよ。このクラブに」

連敗により再びチームがバラバラの方向を向いてしまっているETU。その数試合を見て、達海はETUが残留争いに巻き込まれるべくして巻き込まれてる、そこを居場所としているチームであることに気がついたといいます。

「チームに精神年齢があるとしたらね、このチームはガキ過ぎる。それも、大人になろうともしないクソガキのレベルだ」

チームの精神年齢……。ドリさんに言われたことと重ねる杉江。そしてもう一発キレのあるシュートを蹴り込む達海。これはバーに嫌われますが、選手達の度肝を抜きます。

「俺が選手も兼ねれば、ピッチの内外から、勝つために必要な事をお前達に伝えられる」

次の段階へ、負け癖改善へチームのメンタルを変える。ですが、達海の顔には2本のシュートで既に汗。選手を取るかはGMの仕事。というわけで、達海は入団テストを兼ねて5対5のミニゲームを行なうと発言。達海と本気の5対5。名乗り出るのは誰?すると真っ先に挙手したのは、現7番の椿。レジェンドと対決しちゃうの?といったところで今週はここまで。

実際に現役復帰は無いんだろうなーという感じですが、負け癖を取り除くためのカンフル剤としての達海の爆弾発言。なんかモヤっとしますがどう決着をつけていくんでしょうか。

GIANT KILLING(27) (モーニング KC)  / ツジトモ、綱本 将也 講談社
GIANT KILLING 27
ツジトモ (著), 綱本 将也 (企画・原案)
出版社: 講談社
発売日:2013.4.23

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で