4月23日発売の最新単行本第23巻予約受付中!な、『GIANT KILLING』(ジャイアントキリング)第243話。ムック『GIANT KILLING extra Vol.09』も同日発売予定っ。miifaでは先週に引き続き任天堂ネタが登場してました。


前回からの続きで、

「俺は自分の仕事を全うする。選手と共に、他のチームをぶっ倒しまくる。そんで、お前らの中にあるモヤモヤしたもんをぶっ飛ばして、フットボールが楽しくて仕方ないって気持ちにさせてやるよ」

そう言ってドヤ顔を決める達海。不満があって乗り込んできたお前らだって、フットボールが、そしてこのクラブが好きな気持ちでいる根っこは同じだろう?

これ以上言い争うのをやめ、引き返すスカルズたち。副会長に掴み掛かろうとした新入りは納得がいかない様子ですが、石橋は暴力事件に発展しそうな所を達海が制止してくれたんだ。と諭します。他のメンバーも、オーラがあるとかいい監督なのかもだとか、不本意ながらも達海を認めはじめた様子。

けれども羽田は譲らず、「だからって奴に借りは作れねえ」とスカルズのあり方に忠実であろうとします。暴力沙汰でクラブに迷惑をかけるのは御法度。未遂だったけれど。責任を取ると言い出します。リーダーの意見は絶対。達海の一言があったとしても、芯がぶれるわけにはいかないのだと。

アウェーの千葉戦、試合当日。出発前のクラブハウス。あと10秒以内にバスに乗ってない人は遅刻=罰金。

「有里さん。また殿山さんがいないー!」
「こ、ここにいるよ」

「アハー」
「コラ、ちゃんと座れガブ!! 試合前に怪我する気か!」

遠足か!ってなくらい軽いノリのETU選手達。と、松ちゃん。さらに、

「おっと、いけない。読みかけの本をロッカールームに忘れてきてしまったよ。悪いけどバッキー取ってきてくれるかい?」

王子に頼まれバスを降りた途端に10秒経過。パシリにされたあげく罰金まで科される椿。哀れ。

そんな椿を見ながらのんびり現れた達海ですが、当然ながら罰金です。監督相手にも容赦無い有里ちゃん。

その様子を見ていて、試合前に少しリラックスしすぎじゃないかと心配そうな会長ですが、元選手である後藤さんはいい精神状態ですよ。と返します。
移動時から張り詰めていたら夏の連戦はとても持ちませんと。結果が出ることでついてきた自信が、選手をほどよくリラックスさせていると後藤さんは感じています。なので、今日の千葉戦も手強い相手ながら期待できると。

「今のETUは、選手・スタッフ、フロントまでもがひとつにまとまっているような手応えを感じます。だからきっと今日も、多少のピンチでは揺らがないような力強いサッカーを見せてくれるんじゃないですかね」

最近は胃薬の量は減ったんでしょうか後藤さん。いい顔をしています。そしてその後ろで、いいこと言ったよ後藤くんと気持ちの入っていない言葉を返す副会長。あ、あれ?いつも通りのこの雰囲気、副会長はスカルズとの一件を皆に伝えていない!?

試合前の選手が集中出来なくなったら困るから敢えて隠していると誤魔化す副会長。しかしスタッフ佐藤は引き下がらず、失言しまくった上にカツラが取れてしまったことをもみ消すつもりですね。と強気。そうしている様子を後藤さんに気付かれ、どうしたんですか?と聞かれあわやバレかけますが、なんでもないよとごまかし。

さっさと出発してもらいたい副会長。しかしそこへ、スカルズから電話が入りました。なんでも重要な話だとか。あかん、ばれる!!!?

舞台は変わって、じいちゃんずが再登場。ETUグッズを身につけて、大勢集まった中年サポーターと貸し切りのバス。集まった人の数を見て唖然としているゴロー達。こんなにいるのか・・・またスタジアムに行ってみようって人達が。

じいちゃんずが企画していたものとは、「ETU応援ツアー」と題した町内会の日帰り小旅行。千葉まで久しぶりに応援に行ってみようというプランだったのでした。そこで昔ゴール裏のメインメンバーだったゴロー達に声がかかったというわけ。

サッカーを忘れたわけじゃない。きっかけが無かっただけだ。

そうしてゴロー達は、昔みたいにスタンド仕切るように有無を言わさず大役を任せられます。といってもゴール裏はスカルズが陣取っているわけで・・・?

電話の件といい、じいちゃんずの強引な企画といい、どうなるゴール裏!? といったところで、今週はここまで。

スポンサー問題を川崎戦と並行してやったように、サポーターのねじれ問題も千葉戦で扱われるみたいですね。スカルズは応援自粛するんだろうか、そもそもスタジアムへ行くのだろうか、わかりませんが。TV観戦するにしても、古参サポの昔ながらの応援スタイルを見て変化が生まれたりはするんでしょうね。

GIANT KILLING(23) (モーニング KC)  /
GIANT KILLING 23
ツジトモ (著), 綱本 将也 (企画・原案)
出版社: 講談社
発売日:2012年4月23日

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で