連載再開!! なジャイアント・キリング第220話。前回がお盆前の合併号で、先週は休載だったので、ずいぶん久しぶりな気がします。最新単行本第21巻 は10月21日発売予定!! 単行本第20巻 & ムック「GIANT KILLING extra Vol 06」も絶賛発売中。


【第21節 ETU 0 – 1 川崎】
いきなり試合が動いた川崎戦。今度はETUが仕掛けるっ。椿のパスカットから攻撃へ転じるETU。そろそろやってやれよお前らとばかりに、達海はニヤリとした表情。右サイドを駆ける!

目先の1勝に頭がいっぱいで何が悪いっ!! 1つずつ積み重ねていけば、いずれはそういうものに近づいていけるんじゃないのか!? これまで以上に鬼気迫る表情でドリブル突破を図る椿。

とにかく、俺はただ上手くなりたい…! 上手くなって、このチームを勝たせたい…!!

椿のパスは王子へ。八谷が寄せていく。が、王子は自ら仕掛けるなんてことはせず、左足アウトサイドでダイレクトにパス。上手いなー。そしてそこへ斜めに走り込んでくるのはベテランのFW堺。中央空いてるぞ!

「コース絞れ吉崎!!」
「ぐぬっ…」

スライディングで止めに入る吉崎。しかし1歩遅くボールではなくサックの足にかかってファウル判定。PK? いやFK。星野がいるとはいえ、急造DFラインで苦労するのは川崎も同じようですね。ゴール前、ペナルティーアーク辺りの位置でFKゲット。蹴るのはもちろん王子さま。

ここまでの流れを見て川崎のネルソン監督は、
「この暑さ、できればスタミナを大事にいきたいところだが、こうなってくると、シュート盛りだくさんの攻撃的なゲームになるかもしれんわな」

と推測。打ち合いになるか?

ピィッとホイッスルが鳴り、シュートモーションに入る王子。ドッ、ザシャッ。

壁の上を越えて、巻いて決めた!王子かっこいい!

「フフ。まあ、このくらいの距離は僕にとってはPKと同じような…」

まだ喋ってる途中なのに、味方がどしゃーっと王子の元へ。同点!同点!皆が喜んでる中、夏木だけは「ちきしょう!! 絶好調かよ!! 調子乗んなよジーノ!」と複雑な様子。こーれで面白くなってきた。としてやったりな達海。

さて、スタンド。バックスタンド側。この得点にたまらずひとりなのに興奮して大声で

「この調子のままガンガン攻めて、前半のうちに逆転しちまえETU-!!」

と叫んでしまいました。すると、

「そうだそうだ。川崎なんて、ケチョンケチョンにしちまいな!!」

あれ、どこかで見たような坊主・・・オヤジサポーターズの1人、シゲちゃんが来てました。さらに、

「あーっ、あの2人!! 来てたのー!?」

ユウジとカッちゃんも観戦中でした。なんだ、やっぱり気になって見に来ているのね。

1対1。前半から早くも点の取り合いの様相を呈してきた試合。しかし、爆発的な得点力を持たないETUに対し、川崎はこういう打ち合いに慣れており、かつ打ち勝ってきているチーム。八谷から近藤、近藤からロドリゴへと繋ぐと黒田のマークを物ともせずそこから強引にシュート!これはバーに弾かれて難を逃れた、と思ったら、こぼれ球に浅香が飛び込んでゴール!川崎勝ち越し!

王子の芸術的なFKからの同点ゴールもつかの間、すぐさま勝ち越しゴールを決められてしまいました。といったところで今週はここまで。打ち合いになる予感・・・!! 解説より試合描写の多い週はスピード感があってよいですね。1話で2点入ったのも珍しい。

ここから川崎が勢いを増し、一気に畳み掛けられてまうのか。それとも互いにゴールを奪い合う展開になっていくのか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で