最新単行本第19巻&ムック『GIANT KILLING extra Vol.05』が4月22日に発売ッ!! な、ジャイアント・キリング第204話。

堀田が退場してしまい数的不利に陥ったETUと、攻撃的なシステム変更が功を奏し同点に追いついた山形。残り20分、監督力が試されるっ。

Twitpic(from ETU)と並行している影響もあるのか、試合展開がスロウになってきた気がしないでもない。


【リーグ戦第20節後半: 山形 1 – 1 ETU】

「後手に回っちまったか?達海」

そうつぶやくのは山井記者。同世代でありながら、元スター選手とプロになれなかった事務職上がりの元選手という対象的な道を歩んできた監督同士の対決という意味合いもありました。

大胆なシステム変更で追いついた元事務職、一方、中心選手の1人である堀田が退場し、プランが狂った元スター選手。たとえこのまま試合が終わったとしても、勝負師としての軍配は元事務職のサックラーに上がってしまうぜ?なんて再びフラグ立てなのかこれは。

宮野に作戦を伝える達海。「マ、マジっスか!? いいんスか? それで!」と困惑の宮野。ですが達海はお前のスピードがあればなんとかなるでしょ。と余裕。そして、おーし、行ってこい。と送り出します。

(大丈夫なのか!? そんな大ざっぱなやり方で、うまくいくのか?)

不安げな宮野。しかし、こうなってしまった以上、達海さんのあの表情を信じるしかない。と腹をくくります。

「打開策は見出せましたか?監督」

戻ってきた達海に声をかける松ちゃん。

「さーね。やってみないとわかんないね」

と、ぶっきらぼうに返す達海。しかしその表情には勝算が見えます。

達海の作戦を警戒するサックラー。ですが、布陣は変わっておらず、退場の後でそう変わったことは出来ないはずだと考えます。何か考えているとしても、追加点を奪うのは小森システムがはまり勢いに乗る我々だと。

そしてボールはその小森へ。ウマが合うという丸岡を見て、ボールを出そうとする小森。しかし、残念そこにはステルス殿山。バッとあらわれボールをブロック。こぼれ球は疲れを知らない瀬古に奪われてしまうものの、再び小森に渡されて長谷川へ出したボールの先はキャプテン村越が読んでいてスライディングでカット。このボールを中央の王子へ回し、達海から直々に作戦を授けられた宮野へ。コッシーは集中してよく見えているね。

この展開は想定内。ETUのFWに、DFを振り切る力は無いはず。溜めを作って後ろの上がりを待つんだろう?と見ているサックラー。が、ETUの選手は上がらず、FW2人に任せっきり。何故、フォローに行かない……!?

宮野1人では攻めきれず、中央の夏木へクロス。しかし山形にはメンデスがおり、1列上がっていたとはいえ最終ラインまで戻ってクリア。息を切らす夏木。ダメか。

「貴様のそのボールへの執着心…敵ながら大したものだと感心するが…もう諦めろ。動きのキレさえ失った貴様に、私という壁は越せん」

夏木はバテバテなのに、まだ余力のありそうなメンデス。ポルトガル語でしゃべってるんだろうけど、「どーせ、俺がバテてるとか言ったんだろ今ー!! 俺はまだまだ元気だってんだよー!!」伝わってました。しかし、肩で息をしている夏木。

「メンデス、今のお前は一列前にいるんだ。守備よりも攻撃を意識してくれていい。言ったろ?俺はもうこの試合、絶対に抜かれない。今の場面なんかも俺に任せてくれていい。それに俺はキャプテンだ。このチームをプレーで引っ張る義務がある」

メンデスに声をかける大倉。「本当に頼もしくなったな」と仲間の成長に嬉しそうに答えるメンデス。

ETUの守備的なプランに引き分け狙いを見た戸辺コーチ。しかし、そんなはずはないと考えているサックラー。オールスターでさえ勝利に拘った人間が、引き分けでいいなんて考えるはずがないと。そしてそれは、ピッチ上で体現する選手も同じじゃないのか?

FW頼みの攻撃を続けるETU。山形の選手たちも、ETUの攻撃を見て引き分け狙いだと考えはじめている様子。ただ山形の攻撃の起点となっている小森はステルス機能付きの殿山が絶妙なマークを見せています。タイミングを狂わされる小森が出すボールは、村越が再びスライディングで防いでおり、致命傷にはなっていません。

まだか…?
まだなのか?
達海さんが宮野に伝えてきたこと

我慢しながら、その時を待つETU選手達。

「いいか?とにかく、全員で守ってろ。攻めるのはお前らFWだけでいい。そしたら、俺がどこかのタイミングで、お前ら全員が絶対にわかるような…サインを出す!!」

サインまだぁー?としたところで今週はここまで。サックラーも警戒を強めている中で、達海が戦況を見極め、ここぞというタイミングを探ってます。1巻でイングランド代表DFを狙い、「ジェームス!ベラミー!GO!!」ってやったアレの再現のようになるんだろうかね。スラムダンクの山王戦で花道とリョータが仕掛けた奇襲のように、「いっ」って顔でもするのだろうか。届かないか。

10人だし、前半で動いた分消耗して残された体力も少ない。いつ?どう出る?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で