最新単行本第17巻&育成年代の指導者にスポットを当てた『GIANT KILLING extra Vol.03』が好評発売中ッ!!な、ジャイアント・キリング第185話。

リーグ戦第20節、vsモンデビア山形。「タッツミーの眠気が吹き飛ぶほどのサッカーを、我々がご覧にいれますよ」といきなりの宣戦布告に頼もしいところを見せるサックラー。しかし、「では」とベンチへ引き返そうとしたところで

(言ってしまったー!!! なんとまぁ大それたことをー!!)

と、動悸と息切れ発症。酸素を補給してなんとか正常に戻ります。しかしいつまでも憧れてばかりもいられない。倒すために策を練ってきたのだし、なによりホームでの試合。


自信と慢心を履き違えるウチのヘッドコーチにも見習ってもらいたいもんだと松ちゃんにまず釘を刺し、

「まあでも、生意気にも調子ぶっこくならよ、俺の裏かいてからにしろってんだよな。サックラー」と達海も火が点いた。
「思いっきり上から目線ですけど、確か佐倉監督って年上ですよね」と松ちゃんがさりげないツッコミ。そういえばそうだった。

山形のスタメン。ケン様の先発は予想外だったとしても、大まかな部分では、達海の予想の範疇。まずは立ち上がり、主導権を握りたいETU。
スピード重視の山形FWにたいし、「俺達にスピードが無いと思ってんのか!なめやがって!」と大きい声になる黒田。それを「まぁ、そういうことっスよ黒田さん。振り切られて後ろからいってカード…とか気をつけないと」と具体的に指摘する初スタメンのGK佐野さん。怯んでない。怯んでいないよ。

「上手く中盤と連携しねえと崩れねえ相手だからな」と中盤に言いますが
「そういう守備を自分もしてくださいよ」と冷静に突っ込む赤崎。

「俺に期待して」と気合い入ってるのは夏木。前回は抑えられたけど今度こそと言います。が、それを冷めた目で見つめる王子。ある意味期待の裏返しだそうですが…。

椿がいなくても、いつも通り騒がしいイレブン。「おし、いいか。行くぞ」とキャプテンの村越が声をかけ、円陣を組みます。

「この試合はいつも出ていた緑川さんも椿もいねえ。でも、俺達のやることはひとつだ。勝ち点3を積み重ねて、ひとつでも順位を上げる。向こうの守備は堅い。しかし、90分ミスのないゲームなんて有り得ねえ。必ずどこかにスキは生まれる。そのスキを見逃すな。集中しろ。そして、信じろ。俺達は勝てる。行くぞぉ!!」
「おおーっし!!」

頼もしいキャプテンの声を受け、各々のポジションに散っていくイレブン。

さて、こちらは山形イレブン。自信を掴んできたETUに対してやや怯む若手選手達。彼らに「自信持とうぜ」というのはケン様。

「このチームは間違いなく強くなってる。それぞれ幾多のチームを見て来た俺やメンデスがそういってるんだ。信じてもいいだろ?」

その言葉を聞いて、誰よりもやる気になっているのは丸岡。
「行ける気どころじゃないよ!! 気分は無敵だよ!!管ちゃんわかってんの!? ケンさんは日本サッカー界の至宝なんだよ!? そのケンさんがああいって…」
彼が山形版椿なんだろうか。

山形も円陣を組んで、
「ホームのこの声援に応えるためにも、いつも通り集中してしっかりやろうぜ。勝つぞ!!!」
「うおーっしゃ!!!」

ETUボールでキックオフ。一旦ボールを下げて、後ろからじっくり組み立てるETU。山形は全員自陣に下がり、しっかりと守備を構築。山形のFWは若手の菅野と丸岡。丸岡は今季初スタメンといきなり結果を期待するのは厳しい。夏の移籍でエースFWを失い、攻撃力が減少。早い時間での失点はこれまで以上に防ぎたい。とはいえ、序盤でどちらかがスキを見せれば一気に決着がつくことも。と山井さんが冷静に分析。

「攻め込まれてもいない段階から、最終ラインを下げまくってるチームなんてねえ。チンタラ時間がかかってもいい。でも、ここぞというタイミングを見つけたら、ボール来んの信じて、裏へ飛び出せ」

試合前の達海の指示。ETUの前線もスピードは負けてません。椿が居なくても夏木と世良、赤崎も居る。そして絶対的なパサーとして君臨する王子の存在。その王子に村越からパスが通り、顔を上げた瞬間、夏木と世良が走り出す。どんぴしゃのタイミングでラインの裏へ。オフサイドは無し。左サイドを突破し一気にチャンスを広げるETU。といったところで、今週はここまで。いきなり試合が動くか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で