アニメ版DVD第2巻発売開始ッ!! な、ジャイアント・キリング第175話。9月25日からは毎週土曜日午後6時25分から教育テレビでも放送が開始されるそうですよ。BS見られない人も地上波でジャイキリ!夜のゲームを中継するときは19時からが多いので、ジャイキリ終了後そのままJの試合へなんていう流れも、もしかしたら出来るかもしれません。

お盆休みを挟んだのでちょっと内容が抜けてしまいましたが、読み直して復帰。リーグ戦第19節ウィッセル神戸戦です。

雨でぬかるんだピッチ、選手が激しくぶつかり合い前半から荒れ模様の展開。そんな中ETUは、早くも交代カードを切り、サイドバックの熊田に代えセンターハーフの堀田を投入したのでした。熊田の代わりに左SBに入るのは本職の清川(この試合は右SB)ではなくボランチの椿。その椿の所に早速守備機会がやってきてしまったッ!!


厳しいジャッジの主審、そして何度も献上してしまったPKを警戒して後手に回る椿。迷う一瞬の隙を突かれ、神戸選手がドリブルで縦へ。体を前に入れられシュートを打たれてしまうものの、ニアを切っていた緑川(ドリさん)が何とか弾きます。が、しかしこの弾いたボールは中央へ。そこに走りこんできたのは神戸のFWブルーノ。黒田(クロ)や亀井も寄せてきていましたが先に反応され、無人のゴールへ蹴りこまれてしまいました。札幌戦に続いて先制点を与えてしまう。さらにこのときドリさんがブルーノに足首を踏まれてしまい守護神を失ってしまったETU。前半で早くも交代カードを2枚切り、1点ビハインドと苦しい状態で後半を迎えます。

ミスを悔やみ、謝る亀井。そんな亀井を、「終わったこと言っても仕方ねえだろ」とフォローするクロ。そして、「でも、仕方ねえじゃ済まねえんだよ亀井!! (中略)お前がしっかりしてくんねえと困るんだぞ!!」と、叱りつつ乗せたいクロですが、いかんせん下手くそ。。。

後半に向けて指示を出す達海。とはいってもいつも通り、基本的に前半とやり方は変えないというもの。交代したドリさんに関しては詳しく診断してみないと分からないとしつつ、「ドリの事を思うなら切り替えて後半に臨めってことだ。ゲームに集中しろ、いいな」と伝えます。

責任を感じて萎縮してしまう亀井ですが、交代で今季初出場となる佐野さんが「俺達にできるのはひとつだ。後半頑張ろうぜ」とエールを送ります。

そして再び達海が話始めました。「こんな時こそ踏ん張り時だ。チームの底力が試されている」と。選手同士のコミュニケーションに気を配るように言い、そして観に来てくれているサポーターにどういうゲームを見せられるか。最後まで荒れた試合をやってしまうのか、それとも後半からはいい試合だったと印象を与えられるのか。

「キレイじゃなくたっていい。いいゲームをやろうじゃねえの。緑川のためにもさ」

一人落ち込む椿。失点の原因になり、ドリさんの出場記録も途切れさえ、その上怪我まで。いつもの椿だと落ちっぱなしになっていくのだろうけど、その様子に気が付いているキャプテン村越(コッシー)がどう持ち直させるのか。ところで、王子が全然目立たないけど何処へ。

キーパー交代にどよめくスタンド。ブルーノを目の敵にして不穏なムードですが、どうなる。さて、子供サポーターグループTEAM OKKOですが、せっかくの船出を敗戦で終わらすのはちょっと嫌だよなとテッタ。応援が意味ないみたいだもんなーと同調するヨシオ。

「もっと頑張ろうぜ!応援してるチームが勝たないんじゃさ、女子なんかぜってースタジアム来てくんないぜ?」

女子がスタジアムに来ないという言葉に、お目当てのキョーコちゃん不在で落ち込んでいたコータがピクリと反応。

チームが負けてる→俺が頑張って応援する→ETUが逆転勝ちする・・・・・・「コータくんスゴーイ!」とキョーコちゃんが振り向いてくれる

と、男子らしい不純な動機で突然やる気を取り戻します。

「よぉーし、後半……!! 俺達が頑張ってチームを逆転させようぜー!!」

さあ、どうなる後半。といったところで今週はここまで。ここまでフル出場を続けてきており、精神的な支えでもあったドリさんがここで負傷退場。佐野さんが初登場してきましたが、果たして彼はいいパフォーマンスを見せられるのか。沈黙している攻撃陣や、再びチキンっぷりを見せ始めている椿は覚醒できるのかな。キレイじゃなくたっていい。いいゲームをやろうじゃねえの。という言葉を受けて、選手達はどう動いてくるのか。残り1枚のカードは堺だろうから、それもどこで切ってくるのか気になる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で