GIANT KILLING 9 (9) (モーニングKC)ETUが逆転勝利を収め、チームが1つに纏まってきている頃、名古屋グランパレスと対戦する昨季2冠の東京ヴィクトリーは、攻撃の核持田を欠き苦戦するのでした。

という先週のジャイキリ。
名古屋もようやく復調してきたとのことなので、格下であるETUに敗れた後、勢いを止められて調子を落としていたのかもしれません。

さて、今シーズン不調の王者・東京ヴィクトリーですが、どうやら堅守を武器とするチームだったようです。実際のヴェルディとは少し違うんだ。まあ、あちらもどうなるかわかりませんが。前回PSMで登場した時には、それほど堅いチームには見えませんでしたが・・・、まあPSMはPSMですしね。

(くそっ、なんでこうもうまくいかない!なんでだよ!)
思うような試合運びを出来ずに苛立つミック(三雲)。

攻撃の中心選手である持田を欠いていることで、攻撃の組み立てが上手く出来ずにリズムを崩し、それが守備にも悪影響を及ぼしているのだろうか。王者らしからぬ凡ミスが続いているようです。
相変わらずの哀れなミックから城西へのパスを名古屋キャプテン谷にあっさりと奪われ、ピンチに陥るヴィクトリー。

「つまんねえ試合」
と、吐き捨てる持田。非常に機嫌が悪そうです。
2年連続のリーグチャンピオンでありながら、こうも甲斐ない試合を見せられていれば、そう感じてしまうのも仕方無いか。自分が出場出来ていないというのもあるでしょう。

(本来の調子からはほど遠いとは聞いていたが、こうも簡単に揺さぶれるとはね……
こいつはもう、勝たなきゃいけないゲームだ!!)
ギアが入る名古屋の中心選手ゼウベルト。一気にバイタルまで攻め入り、左サイドでボールを受けた谷からのクロスを中央でシュー・・・トにはいかず、さらにサイドへ。そこへ詰めてきたのは先週出番の無かった名古屋のエースストライカー、ペペ!ゴール隅へ冷静に流し込み、後半30分、名古屋が先制点を上げます。

ゴールを決めたペペはインナーに仕込んでいたネタを披露したいようで、シャツをまくり上げると、そこには……!
自分の似顔絵。……えええ。似顔絵かよ。

唖然とするゼウベルトですが、カルロス他チームメイトからは好評の様子。カルロスとペペの緩い性格が伝播したか。中心選手でありながらカルロス&ペペに振り回されるゼウベルト。3人の掛け合いは相変わらずのようです。しまいには、「じゃあ、今度俺のも描いて」

一方、東京ヴィクトリーには、ホームでの不甲斐ない試合に、サポーターから罵声が浴びせられます。観戦していた持田も、つまらなすぎて気分が悪いから帰るとご立腹。

(覚悟が足んねえんだよ。どいつもこいつも)
「覚悟の出来てねえヤツなんか、サッカーやめちまえばいいんだ」とまで。

場面はETUクラブハウス。
翌日のスポ新(突貫スポーツ)によると、試合はこのまま0-1で名古屋が勝利したようです。
持田はどうやら普通に怪我で長期離脱しているようですね。ETU会長、副会長の永田兄弟登場。東京Vの不調を喜ぶ副会長。その横でGMの後藤さんは夏の補強に動いているようです。この後鹿島と東京Vを倒して、補強も上手く行けば・・・優勝?!なんてことを副会長が話していますが、下位に沈み続けていたETUのフロントやサポーターが、普通に優勝の可能性に言及するのは違和感がありますね。

さて、選手達はグラウンドで練習中のようです。同じポジションである椿に対し厳しくチェックにいく堀田。宮野、小林、亀井らとともに堀田もビブスをしてるので控え組みなんでしょうね。良いパフォーマンスを見せながらも、ポジション奪取には至って居ないようだ。

そして、選手達が目の前の試合に勝つために必死に練習しているところを見せ、浮ついていた会長と副会長を説教する有里ちゃん。選手が見てる前でとはやりますなあ。さりげなくチラ見しているガミさん(石神)。ガミさんはどうやら主力組のようですね。

小さい頃からETUというクラブを見てきて、クラブへの想いは人一倍のはず。
そして今年は、その子供の頃からのヒーロー(達海)と一緒に仕事をする有里ちゃん。
達海の考えを一番理解しようとしているのは有里ちゃんなのかもしれないな。
と、後藤さんは感じているようです。

そんな有里ちゃんを見て、「有里が会長やればいいんだ」と冗談を飛ばす達海。
あの兄弟を見ているとまんざら冗談でも無さそうですが。

「クラブが強くなるには、フロントが頑張ってくれなきゃいけないし、俺もボチボチ笠さんに会っておかないとな」
と、達海が話したところで、今週はここまで。少し意外そうな表情の後藤さん。

今週は、夏の中断期間で新戦力の補強がありそうな描写がありました。新キャラ登場の布石でしょうか。これまでもスカウトさんのエピソードや、チーム内での競争が活性化している話が出てきてますので、手薄なポジション(ほぼ全部でしょうが)には何らかのテコ入れがあるのかもしれません。

今シーズンのETUは日本人だけで戦っていますから、外国人選手の補強や、もしかすると既存キャラが他クラブから移籍してきたりするかもしれませんね。名古屋や大阪を見ていると、王子や黒田、達海と外国人選手との掛け合いがあれば面白いなあなんて風にも思いますが。あ、ETUは財務が厳しいんだっけ。

そして、持田の言う「覚悟」とは・・・!?
チームに不信感を抱いている彼の動向も気になる所ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で