リーグ戦第13節、雨の川崎戦。試合終了間際にコーナーキックから失点し、まさかの敗戦を喫してしまったETU。結果こそ出ませんでしたが、しかし、チームにとって転機となる試合になりました。

チームとしてのバランスを考慮しながらも、以前行われたカレーパーティーを見てこの試合のスタメンを決めたという達海。ETUは今年から若手主体に切り替わり、昨シーズンまでスタメンを張っていた先輩選手はベンチに追いやられた格好でした。しかし、このパーティーでクラブ愛を示したベテラン勢はスタメンに返り咲き、そして、川崎戦では各々の個性を活かして見事なパフォーマンスを見せてくれました(残念ながら負けてしまいましたが)。眼力のある川崎のネルソン監督にもその姿はしっかりと見えていたみたいで、ETUの選手からはまだまだ伸びしろを感じたようです。

そして次の試合へ向かう途中だろうか(?)、この試合の感想を語り合うコータ、テッタ、ヨシオの3人。
堺を下げたのが敗因だ!夏木交代は悪くない!ぶーぶー
「いいじゃん終わったことだしさー」と、コータ。
それに対して、
「サッカーは終わったことをあーだこーだ言うのが楽しいんじゃん!」とヨシオ。
どっちもありですね。すっごく言いたくなる時もあれば、さらっと流れていく試合もあったり、不思議なものです。

「なんつーか、ETUって強くなるかもなーなんて思ったりして」とコータ爆弾発言。
すかさず、
「ETUを何年見てきたんだ!目を覚ませ!そんな上手く行くわけないだろー!」
と、2人から突っ込まれてしまいます。

さて、この日の試合は14節FC札幌戦のようです。おお!札幌。FC札幌とはカップ戦で2試合対戦し、1勝1敗の五分。しかし、このシーズンETUが初めて3得点をたたき出した試合でもあります。

ETUサポーターズ「ユナイテッドスカルズ」のリーダー羽田も、前節負けているので気合い入りまくり。
「忘れるな!!俺たちの声はチームも動かせる!!
俺たちの声が大きければ大きいほど……選手はギリギリのところで踏ん張れるんだ!!」
おお、格好いいこと言ってくれます。いつも以上の声援で選手を迎えるスカルズ(こんなところで今シーズンも早々と諦めるわけにはいかねえんだよ!!)。

「もう5敗もしちゃったからね。これ以上負けると優勝は厳しいもん」と、コータ。
えっ、優勝狙ってたの!?これは驚きです。

さて、試合。
出場停止明けのキャプテンコッシー(村越)が札幌選手と激しくチャージ。さすがのフィジカルで競り負けずにボールを奪い、そのボールを堀田へ(やはり出場してますね)。そしてそこからすでに走り始めている、左サイドを駆ける椿へ。
「7番追えー!絶対に通すな!!」と、札幌の監督。どことなく都並っぽい感じですが、単にモブっぽくも見える。ああ、何という扱い。

さあ、そしてその椿グラウンダーで中へ折り返す。
走り込んでくるのは、セリー(世良)!左から来たボールを、吹かさずに左足で低めにコントロールしゴール隅へ流し込みゴール!なんと後半20分で3得点目!!!
お、堀田だけではなく、サック(堺)やガミ(石神)さんも出ているようですね。あ、丹(丹波)さんは無しですか?そうですか・・・。
もっと乗せてやろうぜ!と盛り上がるゴール裏。

松ちゃんによると、堀田のPKとオウンゴール、そしてこの世良のゴールで3得点のようですね。ベテランの動きもよく、川崎戦がいいきっかけになったようです。

フォーメーションはいつも通りの4-2-3-1だとするとこんな感じか。
      堺
  世良 堀田 赤崎
    椿  村越
清川 黒田 杉江 石神
      緑川
椿が外に開いて、そして世良が中に切り込む、いいですね。

そして切り札夏木がベンチ裏から登場。どこから出てくるんだ。
「やっと出番スかー!!遅すぎますよ監督−!!!」と、一言目からうるさい夏木です。

そして、
「……お前もだよ。行ってこい。」と、達海が指名したのは王子!いたんだ。
というか、まだ休んでいたんだね、王子。
「やれやれ、今日も休日気分でいたのにな」と、完全に休養モードの王子ですが、トラックジャケットを脱ぎ、どうやら出るようです。ウォームアップしてなさげだけど、大丈夫?といったところで今週はここまで!

と思いきや、今週はさらに・・・!!
GIANT KILLINGプロデュース”enjoy football more!!!”と題して、なんとジャイキリとJリーグがコラボ。Jの公式戦年間80試合に、「GIANT KILLINGシート」を設置。年間80組160名が招待されるそうです。
「GIANT KILLNGシート」誕生! Jリーグ公式戦に合計80組160名様をご招待!!

コラボしているのはJ1の柏レイソル、FC東京、川崎フロンターレ、ヴィッセル神戸の4クラブで、今回募集するのは3月開催の8試合。携帯やPCからでも応募出来るので、ジャイキリは読むけど実際の試合にはまだ行ったことが無いよと言う人は、これをきっかけにスタジアムに足を運んでみると良いかもしれませんね。地元が近いクラブがあればそのままサポーターになっちゃえばいい。

応募アドレスはPC・携帯共通で、https://dg.kds.jp/a/morning

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で