清川のアーリークロスから夏木が脚を伸ばしてETUが逆転!なジャイアントキリング第399話。キーパーも前に出ていきますが、夏木が見事な仕事をしてみせました。

前半の1点リードに浮かれることなく、残り45分の戦いに入ったはずの甲府でしたが、あっさりと2失点。試合をひっくり返されてしまいました。これが残留の難しさかと、技術のある選手達がいる格上チームを倒すことの難しさかと肩を落とす石浜でしたが、そんな石浜に、今は敵であるETU監督・達海が声をかけます。

「惜しかったな。狙いは良かったぜ。まだまだここからだろ?石浜」
「もちろん!当然じゃないっスか!」

自分を育ててくれたチームを相手に最後まで戦い抜く石浜。清川とのマッチアップも白熱。激しい攻防が続きます。

前半はいい形で試合に入った甲府。しかし最終的には3点差をつけられて4対1というスコアに。ETUはあそこからさらに2点加えていました。誰が取ったんだろう?

スコアだけみれば大敗という結果ですが、最後まで走り続ける甲府の選手たち。戦い抜く姿勢はサポーターの心を捉えます「お前たちは俺達の誇りだ!」サポーターも最後まで声を出し続け、共に戦います。が、ここで試合終了のホイッスル。地力で勝るETUが逆転勝利を収めました。といったところで今週はここまで。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly