椿のボール奪取から窪田のA代表初ゴールに萌える藤澤さん。なジャイアントキリング第383話。しかし彼らの活躍を期待していたのは藤澤さんだけではありません。

より現実的に、得点という成果を見据えて起用したブラン監督もまた、彼らのポテンシャルの高さを信じていたのでした。同点に追いつき、スタジアムもノッてきて、いい空気に。攻撃の圧力を強めるウルグアイ。集中して必死に耐える日本。そしてアルバロに食らいついていく椿。

世界トップクラスのこの選手に負けないようにしていけば、俺はこのゲームでも成長できる!!

アルバロのシュートに脚を出していきますが、不幸な事に椿に当たってコースが変わり、あわや失点もの。星野がなんとかセーブでかき出します。「オラァ!! 止めんなら止めろよ椿ー!!」

CKのピンチを防ぎ、日本が逆襲。窪田が左サイドを上がり、ファーの椿へクロス。椿はダイレクトで中央の花森へ折り返し、ボレーを打ちに行きますがここはウルグアイが一枚上手。マーク厳しいっ。こぼれ球を城島が拾いに行きますが厳しいスライディングで逆に奪われてしまいます。そこからまた日本が奪えばウルグアイも跳ね返すといった一進一退の攻防。そんな中でボールを拾った志村が椿の動き出しを見てボールを出します。椿(ツバキン)!といったところで今週はここまで。ツバキン!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で