日本では7月3日よりWii U『スプラトゥーン』の第2回フェス「赤いきつね vs 緑のたぬき」が開催されましたが、欧米では7月4日から5日にかけて遅れていた第1回フェスが遂に開催。北米では「ネコ vs イヌ」、ヨーロッパでは「ロック vs ポップ」をテーマに、2大勢力がぶつかり合いました。結果やイカに……。

Splatoon、欧米第1回フェスの結果

北米「ネコ vs イヌ」

http://splatoonus.tumblr.com/post/123397400674/the-first-splatfest-results-are-in-and-woof-dogs

まずは北米の「ネコ vs イヌ」から。支持率はネコ38%に対してイヌが62%と、意外にもかなりの得票差が付きました。勝率はネコが51%と49%のイヌを逆転したものの、最終結果は140対160でイヌ派が勝利を飾っています。

欧州「ロックvs ポップ」

続いて欧州の「ロック vs ポップ」ですが、支持率はロック64%対ポップ36%でロックが優勢。勝率もロック53%に対してポップが47%と、ロックがポップを上回り、最終結果は170対130でロックの完全勝利となりました。

すべての地域で多数派が勝利

フェスのポイントは、投票率+(勝率×2)で計算。投票率で差が付いた場合でも、勝率次第では一応逆転可能なルールです。ただ今回は日米欧どのフェスでも支持率の時点で20ポイント以上の差がつき、多数派がそのまま逃げ切って勝利しています。30ポイント近く差がつくと追い上げるのは難しい。メジャーなテーマから入ったように見えたフェスですが、意外な大差がついてしまいました。

1回目の結果を受けてマッチングの修正も加えられたように、フェスはまだまだ発展途上。楽しさを維持できるよう今後も修正・改善を重ねていってもらいたいところ。

amiibo (スプラトゥーンシリーズ)
メーカー: 任天堂
発売日: 2015-05-28

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で