メディアクリエイト調べの最新国内チャート(2015年6月22日~6月28日週)が発表され、2バージョンで発売された老舗シミュレーションRPGシリーズ最新作『ファイアーエムブレムif 白夜王国/暗夜王国』が、26.0万本を販売。前作『FE覚醒』(初週24.2万本)を上回る勢いを見せて初登場首位を飾ったことが明らかになりました。

『FEif』は数量限定の『ファイアーエムブレムif SPECIAL EDITION』も4.2万本を販売して3位に。通常版と合わせて30万本を超え、素晴らしい立ち上がりとなりました。

2位の『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』は9.4万本を販売。リズムアクションというスピンオフタイトルながら、音楽人気の高さもあって好調なスタートを切りました。

4位は『リズム天国 ザ・ベスト+』が4.2万本を販売。順調にセールスを伸ばして25万本を突破しています。5位は『ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド』のPS4版が3.8万本、6位は『スプラトゥーン』が3.7万本でした。

トップ20の過半数が入れ替わる活況を見せた今週のソフト総販売本数は、メディアクリエイトによると79.9万本。『FEif』を始めとして上位に複数の新作が登場した結果、前週比で2倍近くに跳ね上がり、GW週(4月27日〜5月3日)以来8週ぶりに70万本台を回復。日本市場も明るさをいくらか取り戻して下半期へ向かいます。

今週のマイルストーン

25万本 – リズム天国 ザ・ベスト+

TOP 20 内、任天堂プラットフォームタイトル

1位: ファイアーエムブレムif 白夜王国/暗夜王国
26.0万本
3位: ファイアーエムブレムif SPECIAL EDITION
4.2万本
4位: リズム天国 ザ・ベスト+
4.2万本 ← 6.6万本/累計26.6万本
6位: Splatoon(スプラトゥーン)
3.7万本 ← 4.3万本/累計34.8万本
10位: ポポロクロイス牧場物語
0.9万本 ← 4.6万本/累計5.5万本
12位: マリオカート8(同梱版含む)
0.7万本 ← 0.8万本/累計104.5万本
13位: ドラゴンボールZ 超究極武闘伝
0.7万本 ← 1.6万本/累計9.8万本
16位: 怪盗ジョーカー 時を超える怪盗と失われた宝石
0.5万本
17位: ポケットモンスター オメガルビー/アルファサファイア
0.4万本 ← 0.4万本/累計264.8万本

ハードウェア:『FEif』効果で3DSが3万台規模を回復

ハード販売台数は8.6万台。限定本体やきせかえプレートといった『FEif』効果でNew3DSの販売が伸びた3DSファミリーが3.2万台を販売したほか、PS Vitaも好調で2.3万台を販売。Wii Uは少し落ちてきましたがそれでも1.3万台と5週連続で5桁を維持。PS4も販売台数を伸ばしました。

3DSの本体セールスが3万台を上回ったのは年度初めの3月30日〜4月5日週以来のことです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で