今秋以降に予定される新たなメンバーシップサービスの導入に伴い、任天堂から終了が発表されている「クラブニンテンドー」。ゲームキューブ時代から11年以上にわたり親しまれてきたポイントプログラムですが、今年1月にサービスの終了が発表。そして6月30日をもって、北米でのサービスがまずは終了となりました。

北米のクラブニンテンドー公式サイトでは、長年のサポートへの感謝のメッセージと、新サービスを予定していることを告知。またダウンロードコードの期限が2015年7月31日までであることや、全ての交換グッズは2015年9月末までに発送開始予定であることが案内されています。

国内のクラブニンテンドーは4月20日にポイント加算を終了し、サービス最終日の2015年9月30日までグッズの交換が受付中。

新しいメンバーシップサービスは、まだサービス名称など詳細は発表されていませんが、任天堂のゲーム専用機(Wii U, 3DS, NX)だけでなく、スマートデバイス間とも共通のIDを利用できるもので、プラットフォームを越えて、任天堂のゲームを友人と遊ぶことが一層楽しくなるようなサービスとなる予定。共通IDを利用することで、個人へ向けた細やかなサービスも可能になり、購入履歴やプレイ履歴などに応じたサービスを提供するとされています。たとえば、ダウンロード版を優先的に購入するユーザーへ向けた優待価格の提案など。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で