任天堂は1日、運営するネットワークサービス「Miiverse」について、ゲームに関するコミュニケーションをいっそう楽しめるようにすることを目的として、今夏のリニューアルを発表しました。これまでも機能の追加や改善などが行われいるMiiverseですが、この夏のリニューアルは大幅な刷新。

ゲームのスクリーンショットを簡単に保存できる「アルバム機能」やプレイ履歴を日記風に保存していく「プレイ日記」、各ソフトに用意されるメインコミュニティもテーマごとに見やすく表示。雑然としていた従来のデザインよりも、利用目的に応じた動線がハッキリとします。

アルバム機能

Miiverse_album_image
遊んでいるソフトのスクリーンショットをより気軽に保存できる「アルバム機能」。最大100枚までの画像を、他人に見られること無く自分用のアルバムとして利用できます。

プレイ日記

Miiverse_diary_image
ゲームを遊んでいる時にMiiverseを起動し、感想や出来事を書き込む機能。従来の「自分の活動」に該当する項目。

コミュニティが刷新

Miiverse_community_image
それぞれのソフトのメインコミュニティでは、各ユーザーの投稿が「プレイ日記」「お絵かき」「トピック」のテーマごとに分類されて表示。手書き投稿はリニューアル後、すべて「お絵かき」に集約されることに。

プレイ日記

ソフトを遊んでいるユーザーが投稿したプレイ日記を閲覧できる項目。

お絵かき

手書き投稿は「プレイ日記」や「トピック」への投稿と切り離され、すべてここに集約。人気順で一覧できるとのこと。

トピック

質問や感想など、ゲームについて聞きたいことや話したいことを、内容をタグ付けして話せる項目。同じ話題を探しやすくなるとのこと。

その他の変更点

その他の大きな変更点は2つ。まず「自分の活動」が廃止。これは「自分の活動」がリニューアル後、「プレイ日記機能」へと変更されるため。そのため、リニューアル後は「自分の活動」へ投稿できなくなるとのこと。

もう1点は投稿・コメント時の待ち時間や1日の投稿可能件数について。連続して投稿・コメントする際の待ち時間がさらに短縮(今は2分でしたっけ)。1日の投稿・コメント可能件数が30件までに制限。ただし、ソフトからMiiverseへ投稿する場合は、この制限の対象外とのこと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で