今世代誕生した新たなレーシングフランチャイズに、早くも新作プロジェクトが発表です。

長期の開発を経て5月に製品版『Project CARS』をドロップし、世界ミリオンセールスを達成するセールスも好調なSlightly Mad Studiosから、早くも続編『Project CARS 2』の開発が発表されました。

先日も『Project CARS』シリーズの新作を匂わす発言をしていた同スタジオですが、正式に『2』の開発が発表。新作もクラウドファンディング・プラットフォームであるWMD Portalを通じて資金調達を行いながら、制作やテスト、出資者の承認が行われていくとのこと。

2で実装予定の特徴

現実的な描写が最大の特徴である『Project CARS』。『2』にはダートや砂利、泥、雪といった未舗装のレースを実装。50のロケーションで200以上のコースが収録予定。また天候や時間は自由に変更可能。

幅広いモータースポーツジャンル。ラリークロスやヒルクライム、峠を含む8つの異なる専門のカテゴリが収録。40以上の異なるマシンクラスから未公開や禁止車両を含む200車種以上が収録される。

Co-opキャリア。レーシングドライバーを支えるスポッターや運転の交代、コ・パイロットなどを行うチームメイトとしてプレーするモード。

シームレスなオンライン接続。Online Track Daysを介した交流や対戦。Driver Networkによる最新情報の更新。

プロ・eスポーツ・レーシング。スキル&行動ベースのマッチメイキング、オンラインレースシーズンの作成、ライブ配信、観戦機能。

レースのためのホーム。個人的な、カスタマイズ可能なテストトラックで車のチューニングとテストが可能。他ユーザーの招待も行える。

対応プラットフォームはPlayStation 4/Xbox One/PC。今回は予めハイエンドな現行機に絞って開発が行われます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で