今年3月、2016年以降への延期が発表された、Wii U向け『ゼルダの伝説』最新作。その後、任天堂から新たなゲーム専用機「NX」(2016年に詳細が発表予定)が発表されたことで、延期と新ハードを絡めてゼルダ最新作はWii UからNXへハードを移行するのでは?との憶測も飛び交っていますが(『トワイライトプリンセス』で一度経験しているだけに)、任天堂は改めて、Wii U向けソフトとして制作を進めていることを確認しています。

IGNの取材に応じた任天堂の宮本茂氏は「ゼルダ最新作に関しては Wii U で変更ありませんから、心配しないでください」とコメント。

「今日ではないのですが、ほんとうに素晴らしい『ゼルダ』のフッテージがあるので、時期が来ればそれをお見せできると思っています」

『ゼルダの伝説』最新作は、開発に集中することを理由にE3 2015の出展をスキップ。映像出展すらもありませんでした。プロデューサーの青沼英二氏も、3DS向けに『トライフォース3銃士』がありながら今回イベントに出席せず日本に残り、最新作の開発に注力しています。

宮本氏によれば、青沼氏は「次のゲームを作るのに、一生懸命頑張っている」そうで、宮本氏も日本に戻ってすぐに手伝う予定とのこと。

NXが次世代据置ゲーム機だった場合に、発売タイミングによってはWii/GCで発売された『トワプリ』のようなマルチプラットフォームになる可能性も捨てきれないものの、少なくともWii Uソフトとして発売されることは信じて待っていて良さそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で