セガから発表された、ニンテンドー3DS用ソニック最新作『Sonic Boom: Fire & Ice』。海外で放送中の同名TVアニメと世界観を共有し、スカーフを巻いて腕も青いソニックが登場する外伝的な作品が昨年に続いて登場しますが、セガは従来のソニックが活躍する本流の路線も継続していく考えです。

先日任天堂から発表された『マリオ&ソニック AT リオオリンピック』では、『Sonic Boom』ユニバースのソニックではなく、従来の所謂モダンソニックが出演。GameSpotのインタビューでセガの広報担当Aaron Weber氏は「2つのソニックは共存しているんです」と説明し、モダンソニック路線も忘れていない事を強調します。

また、海外主導でアドベンチャー要素も多く含まれる『Sonic Boom』系統に対して、ソニックチームはこれまでのソニックらしいゲームスタイルにフォーカスしていると別ラインを示唆。セガは特徴の異なる2つのソニックユニバースを、柔軟に使い分けて捉えている様子。

新作が3DSのみでの展開となった理由

今年は3DS版のみでの展開となりますが、その理由としては、昨年Wii Uと3DSの2バージョンを発売した中で、セールス面でもユーザー評価においても3DS版が優れていたことがまず1点。

またフィードバックを受けて内容を改善した新作を作る上で、引き続きデベロッパーを担当するSanzaru Gamesが既に3DSソフトの開発体制を整えていることも理由の1つ。3DSでの開発はとても自然な選択でしたとセガのプロデューサーを務めるOmar Woodley氏。

よりソニックらしさを感じられるよう再設計

昨年は認知度が十分ではなく、誤解もあった『Sonic Boom』も、今ではカートゥーン・ネットワークの人気アニメの1つに。商品展開も好調とのこと。認知度が高まった上で登場する新作は、ソニックらしいスピード感と探索を十分に楽しめるようステージを設計し直し、ゲーム内容をブラッシュアップ。セガはアニメからソニックに入った新規キッズ層の取り込みを狙います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で