任天堂が抱えている課題の1つに、サードパーティーのサポートが手薄であることが挙げられますが、今年のE3ではその評価が少しは変化する発表が控えているかもしれません。

任天堂カナダのGMを務めるPierre-Paul Trepanier氏は、AlphaBeaticのインタビューの中で、複数の大手サードパーティーとのパートナーシップ(コラボタイトル?)をお見せするとE3での計画を明かしました。

デベロッパーとの協力関係について尋ねられたTrepanier氏は、Ubisoftを例に、継続的に任天堂プラットフォームへ投資する大手サードパーティーがいることを強調(とはいえ、UbisoftもWii Uへの大型タイトル供給からは手を引いていますが)。E3ではさらに複数の大手サードパーティーとのパートナーシップをお届けしますとのこと。

サードとの協力関係が分かるコラボレーションタイトルでいうと、ようやく情報が公開された『幻影異聞録♯FE』や『ポッ拳』、そして動画からリークされたアレの3DS版があります。GMの言うパートナーシップがこれらタイトルのことを指しているのか、それともまた別のメーカーからの発表があるのかどうか。E3 2015は現地時間6月16日に開幕です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で