今年は6月16日〜18日(現地時間)に、例年通りロサンゼルス・コンベンションセンターで開催されるE3(Electronic Entertainment Expo)。任天堂は今年のショウへの出展内容を、2015年内に発売するタイトルにフォーカスする計画を明らかにしていますが、2016年発売予定のものも、幾つか公開はされる予定。そこで、隠し弾があればいいなと、個人的に発表を期待したいタイトルを今年もまとめてみました。

昨年はリストの中から『スターフォックス』や新規IP『スプラトゥーン』が実現。さらには『メトロイド』も前向きであることが明らかになりました。『F-ZERO』も………、『マリオカート8』のDLCという形ではありますが一部実現。今年も幾つか発表がありますように。

E3 2015、発表を期待したい任天堂タイトル

1. メトロイド

昨年のE3で、伝統的な2Dとプライムの3D両路線の開発計画が明らかになった『メトロイド』。Retro Studios(ドンキーコングトロピカルフリーズ、メトロイドプライム等)とNext Level Games(ルイージマンション2、マリオストライカーズ等)が進めている次期プロジェクトが新作ではないかと見られていますが、実際のところはどうなんでしょう。

インディーデベロッパーによる「Metroidvania」も最近賑わいを見せていますが、そろそろ本家の情報が欲しいですね。

2. LEGO City

今年も積極的に新作が発表されているLEGOビデオゲームシリーズ。『LEGO City: Undercover』は任天堂プラットフォーム独占で2013年に発売され、世界100万本を越えるヒットとなりました。国内でも今年になってようやく3DS版が発売され、WebマガジンNintendo Newsでは主人公チェイス・マケインが取り上げられるなど知名度もアップ。ユーザーからの評価は高いタイトルでしたし、あれから2年が経ってそろそろ新たなレゴシティも見てみたいですよ。

3. 突撃!! ファミコンウォーズ

Wii U向け『絵心教室』が遂に完成した、Kuju Entertainment の1部門であるHeadstrong Games。現在PCやスマートデバイス、家庭用向けに複数のプロジェクトが進行中のようですが、GC/Wiiで展開された『突撃FW』の新作が動いていることを期待したいですね。あの作風はタッチ画面と相性良いだろうと思うのですけれども。

4. FOREVER BLUE

Wiiで最も印象的だったソフトの1つである海洋アドベンチャー。まだ待ってます。このソフトも探索時や魚の観察など Wii U GamePad との相性は抜群と思うのですけれどね。性能向上によるグラフィック強化の恩恵も受けやすいですし。海洋アドベンチャーってきっかけ一つで大きく化けそうな、まさしくブルー・オーシャンなジャンルだと思うのですけれど、なかなか裾野が広がらないですね。PS4で登場する『Abzû』にも、趣は違いますが期待しています。

5. どうぶつの森

3DSでは今夏、スピンオフタイトルの『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』が発売されますが、対応する1パック3枚入りの『amiiboカード』は、第1弾だけで100種類、さらに第2弾以降も予定されているそうです。部屋作りに特化したスピンオフのためだけに、そう安くない『amiiboカード』をこんなにも展開するようなことはしないでしょうから、その先のプロジェクトも動いているのではと推測。

6. 新規IP

昨年は『スプラトゥーン』が発表され、今年5月末に世界で発売されました。評価も上々。2年連続で完全新規の大型タイトルの発表を期待するのは厳しいかもしれませんが、『amiibo』というギミックもあることですし、任天堂ならではの新しい遊びにも期待したいですね。

7. 3Dマリオ新作

2015年は『スーパーマリオブラザーズ』の30周年ですが、来年2016年は、3Dアクションへ進出した『スーパーマリオ64』が20周年を迎えます。任天堂からは、『スーパーマリオギャラクシー』系統のチャレンジングな路線を継続していくとの話も『スーパーマリオ 3Dワールド』の社長が訊くの中で出ていますから、タイミングもいいですし、そろそろ野心的なマリオアクションの新作の登場を期待したいところ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で