11年目に突入した『モンスターハンター』の新作は、ナンバリングでは無いながら“シリーズ最新作”として制作が進められている、新機軸のハンティングアクション。狩技と狩猟スタイルをクロス(掛け合わせる)させることで、爽快なアクションや自分だけのハンティングを生み出すことが可能だとのこと。

いわば必殺技のような「狩技」は、見た目に派手な演出も特長的です。

プロデューサーは小嶋慎太郎氏、ディレクターは一瀬泰範氏が担当。『モンスターハンターポータブル』シリーズに携わってきた2名が新機軸タイトルの指揮を執っています。

発売は2015年冬を予定。250万本計画の『モンスターハンター』は、やはり『ストーリーズ』ではない新作の『クロス』でした。

今作『モンスターハンタークロス』は、シリーズ10周年を節目とし、ハンティングの新たな可能性を提案する新規タイトルです。これまでのシリーズにおける世界観やゲーム性をベースとしながらも、爽快な「狩技」や自分らしい狩りを楽しめる「狩猟スタイル」といった新要素や、シリーズ作で登場した拠点の復活、4頭のメインモンスターの登場など、従来作とは一線を画す新機軸を多数採用する予定で、従来のシリーズファンから初めてプレイするユーザーまで、息長く遊べるゲームを目指し、鋭意開発を進めています。

カプコンはこの他、3DS『モンハン日記 ぽかぽかアイルー村DX』を2015年9月10日に発売すると発表。3DS向けに『モンハン』関連作を集めています。

『モンハン日記 ぽかぽかアイルー村DX』や『モンスターハンター4G』は、『モンスターハンタークロス』とのセーブデータ特典が用意されるとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で