今世代、WiiU/3DSでインディーデベロッパーとの関係強化を続ける任天堂アメリカ。新たな取り組みとして、Humble Bundleと提携し、“Humble Nindie Bundle”の提供を開始したことを発表しました。コンソールゲームがHumble Bundleのセールに登場するのは今回が初めてだとか。

Humble Bundleは、テーマに沿った様々なゲームソフトを割安な価格でまとめて購入でき、かつ購入額の一定割合をチャリティー支援に繋げられるサービス。今回は“Humble Nindie Bundle”として、任天堂プラットフォームのWii U/ニンテンドー3DS eショップタイトルから厳選された8タイトル(88ドル相当)が登場しました。

ユーザーはいくら支払うかを自分で設定。最低購入価格1ドル以上で、まずは3タイトル『Guacamelee! Super Turbo Championship Edition』『Woah Dave!』『Mighty Switch Force!』を遊ぶことができます。

もし10ドル以上で購入すると、さらに『Stealth Inc. 2』と『SteamWorld Dig』を、平均金額以上(執筆時点では9.25ドル)を支払えば『The Fall』『OlliOlli』『Moon Chronicles Episode 1』もプレイ可能となり、より多くのゲームを遊ぶことができます。バンドル対象のゲームは今後も追加予定。

今回の任天堂の提案は、ハードのリージョンの関係もあり、今のところ利用可能な地域がアメリカ大陸に限られています。ただ任天堂としてはグローバルに展開したいと考えてて取り組んでいると、NoAのインディーズ担当Damon Baker氏。将来的には対象地域を拡大し、例えばヨーロッパなどへも展開することが期待されているということです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で