NPDグループから、2015年4月期のアメリカビデオゲーム市場規模が報告されましたが、今月は任天堂アメリカからまだレスポンスは無し。しかしながら、いくつかのメディア向けには実績を一部公開しており、Newニンテンドー3DS専用ソフトとして登場した『ゼノブレイド』は、SKUベースで集計した場合、月間チャートの5位に入る販売数となったことが明らかになりました。

NPDが公表している月間チャートは、タイトルごとに集計され、マルチプラットフォームの販売数を全て合算した数字。ファーストパーティーから発売されるタイトルは、基本的に対応ハードが1つであるため、不利な立場にあります。これを国内チャートで見られるような発売ハードを分けたSKUベースで計算した場合、『ゼノブレイド』は5位に入る健闘を見せたとのこと。

SKUベースで集計した場合には、『ゼノブレイド』だけでなく、PS4の『Bloodborne』やWii Uの『マリオパーティ10』も入ったトップ10になっただろうということです。

ハード販売は減速

SKUベースで見た場合にソフトが好調な動きを見せた一方で、ハードの販売台数は鈍化。

3DSは2014年1-4月と比較して65%増、Wii Uは同期間で15%増との報告。これを元にした2015年4月の推定販売台数は、3DSは11.4万台前後、Wii Uは4.3万台前後だったとのこと。またトップのXbox Oneは推定18.7万台、PS4は17.4万台になるということです。

Newニンテンドー3DS専用 ゼノブレイド 【Amazon.co.jp限定】オリジナルB6マジッククリアファイル 付
Newニンテンドー3DS専用 ゼノブレイド
メーカー: 任天堂
開発: Monster Games
ジャンル: RPG
発売日: 2015-04-02
プレイ人数: 1人
対応: amiibo, すれちがい通信

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で