ワーナー・エンターテインメント・ジャパンは13日、ニンテンドー3DS用ソフト『LEGOニンジャゴー ローニンの影(かげ)』を2015年9月3日に発売すると発表しました。

2015年に国内発売が予定されるLEGOビデオゲームタイトルのうち、まずは『LEGOニンジャゴー ローニンの影』の発売日が決定。国内では3DSのみで展開されるタイトルですが、ローカライズにぬかりなし。フルローカライズで日本語吹替音声が収録されます。

『LEGOニンジャゴー ローニンの影』は、TVシリーズ『レゴ ニンジャゴー』(国内でも4月よりテレビ東京系6局ネットで放送中)の世界観をベースにした携帯型ゲーム向けのタイトル。簡易なアクションが中心の従来LEGOビデオゲームとは一線を画する、アクション重視のゲームプレイが特徴で、バイクやロボット、ドラゴンといった乗り物も数多く登場。また主人公カイやロイド、コール、ジェイなどにはそれぞれ特殊能力が備わっていて、使い分けながら冒険を進めていきます。

バックストーリー

原作となるシリーズでは,「ウー先生」の下で修行を積む4人のニンジャ「カイ」「コール」「ジェイ」「ゼン」,世界の支配を企てる「ガーマドン卿」の一人息子「ロイド・ガーマドン(グリーンニンジャ)」を中心に物語が展開する。

幾多の苦難を乗り越えて悪のガーマドン卿に迫り,倒すことに成功したニンジャ達であったが,その最中,彼が真の黒幕「オーバーロード」に洗脳され,操られているだけであったことを知る。

ガーマドン卿を倒されたオーバーロードは,「ニンドロイド」と呼ばれるニンジャ型サイボーグの軍隊を率いて襲来するが,ゼンの身を呈した貢献によってその目論見は再び阻止される。

「ニンジャゴー」の世界を守るため,命を賭けて戦い,行方不明となってしまったゼン。

仲間を失い意気消沈していたニンジャ達のもとに謎の大会「エレメント・トーナメント」への招待状が届く。そこにはゼンの消息をたどるヒントが書かれていた。大会に参加するため,地図にも無い孤島に足を踏み入れたニンジャ一行がそこで目にしたのは,“チタン式ニンジャ”に改造されたゼンの姿であった。
 

ストーリー

本作は、ゼンと再会したニンジャ達が「エレメント・トーナメント」から帰還した後の物語である。

舞台は伝統と先鋭とが交錯する不思議な魅力に包まれたニンジャのふるさと「ニンジャゴー」。
日々、ウー先生との修行に明け暮れていたニンジャの面々であったが、そんなある日、トレーニングパートナーとして道場に現れた謎の男の一撃によって、彼らは皆、断片的に記憶とパワーを失った状態となってしまった。

それは刹那の出来事であったが、襲撃を目撃したウー先生には、謎の男の持つ武器に心当たりがあった。それは黒曜石 (Obsidian)の武器とよばれ、禁じられた古代の兵器であるらしいが、一方で、それを集めることでニンジャ達は元の状態に戻ることができるという。失われた記憶を取り戻すため、また、謎の男の陰謀を探るため、4人のニンジャと仲間の冒険が始まる。

海外版トレーラー。

LEGO (R) ニンジャゴー ローニンの影
LEGO ニンジャゴー ローニンの影
メーカー: ワーナー・エンターテインメント・ジャパン
開発: TT Fusion
ジャンル: アクション
発売日: 2015-09-03
プレイ人数: 1人
対応: 3DS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で