任天堂は13日、『引ク押ス』シリーズの最新作として3DS eショップで『引ク出ス ヒッパランド』の配信を開始しました。ダウンロード価格は無料。

『引ク出ス ヒッパランド』は、ブロックを引いたり押したりしてゴールを目指す『引ク押ス』シリーズの通算4作目となる最新作(3DSとしては第3作目)。ブロックを前方に引くだけでなく、横にも後ろにも引き出せるのが特徴で、ゴールを目指すルールは従来と同じでありながら、また新鮮に遊ぶことができます。

まずは無料分で「はじめてコーナー」の7コースに挑戦。ゲームの魅力・ルールに触れることが可能です。その他に4つの広場が用意されていて、好みの広場を購入して遊ぶことができます。4つまとめて購入すれば、別途購入より400円お得な1000円(税込)に。さらに、4つの広場を全て購入してクリアした引ク出スマスターには、「ゲキむずマウンテン」が開放。特製の50コースを追加で遊ぶことができるボリュームとなっています。

本作はマロだけでなく、仲間も操作キャラクターに。おじいさんも飛び回ってますけど、腰は良くなったんですね。

選んで購入、4つの広場

マロのわくわく広場

価格:500円(税込)

100コースを収録した、最も大きな広場。

ホビーのオブジェ広場

価格:300円(税込)

どうぶつやモノなど、いろいろなかたちをした見た目に楽しい50コース。

コロンのアクション広場

価格:300円(税込)

行く手に立ちふさがるメカの攻撃を避けたり、メカを利用して登っていく、スリル満点の50コース。

おじいさんのファミコン広場

価格:300円(税込)

マリオやリンク、サムスなど、おなじみのゲームキャラたちが登場する、懐かしいドット絵50コース。

4つの広場のうちどれか1つのを購入すると、「ヒクダス工房」がオープン。と同じように、コースを制作したり、他プレイヤーが作ったコースをQRコードで読み取って遊ぶことができます。すれちがい通信を介して、お気に入りに登録したヒクダス情報を送受信する機能も用意。

新作の配信にあわせて、3DSテーマ「マロとなかまたち」も配信開始。価格は200円(税込)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で