メディアクリエイト調べの最新国内チャート(2015年4月20日~4月26日週)が発表され、スクウェア・エニックスのニンテンドー3DS用RPG『ブレイブリーセカンド エンドレイヤー』が初登場首位を獲得したことが明らかになりました。

ソフトウェア:ブレイブリーセカンドが初登場首位

『ブレイブリーセカンド』は10.0万本を販売。前作『ブレイブリーデフォルト』の初動14.1万本を下回りました。メディアクリエイトによれば消化率も前作の85.68%に対して今作は53.63%と低調。評判もあまり良くなく、今後の伸びが心配されます。

2位は『TVアニメ アイドルマスター シンデレラガールズ G4U!パック VOL.1』で2.4万本、3位は『ガールズモード3』で2.3万本でした。

4位は『新次元ゲイム ネプテューヌVII』、5位は『BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA EXTEND』のPS3版が初登場。以下6位『Minecraft: PlayStation Vita Edition』、7位『明治東亰恋伽 トワヰライト・キス』、8位『トロピコ5』、9位『BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA EXTEND』のPS4版、10位『ダイイングライト』でした。PSプラットフォームに新作が多く、トップ10内に6本の新作が登場しています。

総販売本数は48.4万本。前週比126.9%で、4週ぶりにプラスに転じました。とはいえ、3週連続で50万本を下回っているなど、低調な販売数には変わりないのですが。

TOP 20 内、任天堂プラットフォームタイトル

1位: ブレイブリーセカンド
10.0万本
3位: ガールズモード3 キラキラ☆コーデ
2.3万本 ← 5.5万本/累計7.8万本
11位: 暗殺教室 殺せんせー大包囲網!!
0.6万本 ← 0.5万本/累計5.6万本
14位: マリオパーティ10(同梱版含む)
0.5万本 ← 0.5万本/累計12.3万本
15位: マリオカート8(同梱版含む)
0.4万本 ← 0.4万本/累計96.6万本
16位: ポケットモンスター オメガルビー/アルファサファイア
0.4万本 ← 0.5万本/累計260.3万本
17位: 妖怪ウォッチ2 真打
0.4万本 ← 0.5万本/累計259.1万本
19位: 大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS
0.4万本 ← 圏外/累計221.5万本
ブレイブリーセカンド
ブレイブリーセカンド
メーカー: スクウェア・エニックス
開発: シリコンスタジオ
ジャンル: RPG
発売日: 2015-04-23
プレイ人数: 1人
対応: ローカルプレイ、インターネット、すれちがい通信

ハードウェア:PS4が2.0万台、3DSは全体で2.1万台を販売

ハード販売台数は6.9万台。こちらも前週比110.3%とプラスに転じましたが、2週連続で7万台割れと低調。単独トップはPS4で2.0万台。コンスタントに新作の発表や発売があることで、販売規模をキープ。全体でのトップは3DSで2.1万台でした。3DSはチャートトップに新作が登場するも微に減少。需要が落ち着いた昨年をさらに下回る状況が続いています。Wii Uは0.7万台と少し回復。『ゼノブレイドクロス』への備えでしょうか。
 

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB (CUH-1100AB01)
PlayStation 4
メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
発売日: 2014-2-22

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で