イギリスのビデオゲーム・コンピュータ業界メディアMCVが「MCV Awards 2015」を発表し、任天堂UKのJames Honeywell氏がUnsung Hero(陰の功労者)賞を受賞しました。

Honeywell氏は、20年間任天堂に在籍。ニンテンドーDSや3DSをはじめ、多くの任天堂ハードの立ち上げに貢献してきたほか、確かな製品知識を持っている人物。プロダクトマネージャーやマーケティングマネージャーで手腕を発揮し、2012年7月からはコンシューマー・マーケティング部門のヘッドを務めています。

MCVは彼の仕事ぶりを称える任天堂UKスタッフからのビデオも公開。マーケティング兼PR担当ディレクターの Shelly Pearce 氏やセールスディレクターの Andy Yates 氏、マーケティングマネージャーの Natasha Chatur 氏がコメントを寄せています。

「MCV Awards」は業界内の71を越える企業から22の部門賞を選出。主にソフトウェアを選ぶ一般的なゲームメディアのアワードとは異なり、小売や流通、プロモーション、マーケティングといったビジネス活動を評価する、業界メディアらしいアワードとなっています。

MCV Awards 2015

  • ゲーム小売: GAME
  • 小売(インディーズ): Games Centre
  • 新規ゲームブランド: Destiny (Bungie/Activision)
  • 販売功績: Middle-Earth: Shadow of Mordor (WB Games UK)
  • 周辺機器・アクセサリ ブランド: Turtle Beach
  • バイヤー: GAME Digital
  • マーケティング: PlayStation UK
  • デジタル・マーケティング: Electronic Arts
  • 対小売業者マーケティング: PlayStation UK
  • 広報: WB Games UK
  • 代理店: Indigo Pearl
  • コミュニティ: GAME
  • 流通: CentreSoft
  • 輸出: Ubisoft
  • メディア: Twitch
  • 販売: Xbox UK
  • ゲームレーベル(インディーズ): 505 Games
  • キャンペーン: Destiny (Bungie/Activision)
  • パブリッシャー: WB Games UK
  • パーソン・オブ・ザ・イヤー: Debbie Bestwick, Team 17
  • 陰の功労者: James Honeywell, Nintendo UK
  • ストア・マネージャー・オブ・ザ・イヤー: Craig Kennedy, Games Centre

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で