Activisionから14日、前作から約5年ぶりとなる『Guitar Hero』シリーズの最新作『Guitar Hero Live』が発表されました。対応プラットフォームはPS4/PS3、XboxOne/Xbox 360、Wii U、モバイルデバイス。家庭用ゲーム機向けは2015年秋の発売予定(海外版)。

演奏に応じて、聴衆がリアルタイムに反応

『Guitar Hero』シリーズはこれまでのメインタイトルも殆どで任天堂機に対応していますが、最新作もWii Uに対応。新たに一人称視点が採用されるシリーズのリブート作では、実際にステージに立って演奏する感覚を体験できる「GH Live」を収録。実写で表示される本物の聴衆が、自分の演奏に応じてダイナミックな反応を見せるということです。ステージは、100人単位のクラブステージから10万人規模の野外フェスのメインステージまで大小様々。

GHTV、演奏可能なミュージックビデオネットワーク

また『Guitar Hero Live』は、「GHTV」と呼ばれる世界初のプレイアブルなミュージックビデオネットワークも特色としており、最新リリースからお気に入りのヒット曲まで幅広いジャンルの公式MVを24時間いつでも演奏可能。チャンネルをチェックして新しい曲との出会いがあるだけでなく、気に入った楽曲を演奏したりもできるとのこと。リビングにパーティーの雰囲気をもたらしつつ、新しい音楽を発見するために成長し続けるソースとして機能するプラットフォームなんだとActivisionは説明。

「GHTV」ではまた、ローカルやオンラインによるマルチプレイで世界中のプレイヤーとチャレンジのスコアを競いあうことにも対応しています。

「GH Live」と「GHTV」はモバイル版にも実装予定。

再設計されたギターコントローラー

GuitarHeroLive_02

新たに設計された、本物らしさを増したギター型コントローラーは2列3ボタン構成に。これにより、あらゆるスキルレベルに対応した演奏ができるようになり、初心者はより容易に、上級者はより高難度の演奏が可能になっているとのこと。

多彩な収録ジャンル、ローンチ時に数百曲

収録ジャンルはロックからフォーク、ヒップホップ、カントリー、EDMにいたるまで様々。楽曲数は数百に及ぶとのこと。現時点で判明しているアーティストは、The Black Keys、Fall Out Boy、My Chemical Romance、Gary Clark, Jr.、Green Day、Ed Sheeran、The War on Drugs、The Killers、Skrillex、The Rolling Stones、The Lumineers、Carrie Underwood、Pierce the Veil、Blitz Kids。

開発は『DJ Hero』や『Sing Party』を手がけたFreeStyleGamesが担当。

Official Guitar Hero Live Reveal Trailer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で