魅力ある新しいモノの開発には苦労がつきものですが、任天堂がWii Uで発売予定の新規アクションシューター『Splatoon(スプラトゥーン)』も例外ではなかったようで。

イカの表紙が眩しいEDGE最新号に掲載された『スプラトゥーン』スタッフ3名(阪口翼D、天野祐介D、野上恒P)の独占インタビューによると、プロトタイプを任天堂ソフト開発のボス・宮本茂氏へ見せた際に「何をしたいのか分からない。魅力が無いね」と強烈なダメ出し。

プロトタイプ時には本当に基礎的な要素(ブロック状のキャラクターとインク要素)しかなく、そこを叩き台のようにして“高さ”や“インク”、“キャラクター”“キャラクターのイメージ”“イカ”といった本作のアイデアは後から出来上がっていったと阪口氏。

ディレクターの天野氏/阪口氏は、シンプルで楽しいゲームの形に落ち着くまで宮本氏に叱られっぱなしだったとか。上司って得てしてそういう立場ですからね。仮に良くても突っぱねられたりするものです。はあ。

「インクに隠れるアイデアが生まれ、ジャンプが追加され、3Dマップに高低差が生まれ。それなら上下に撃ち分けられるようにする必要もあるよね」と機能が肉付けされていき、2014年に入ってイカとヒトを切り替えて遊ぶ仕組みが追加。自分のインク内では素早く泳ぐことができ、逆に敵側のインクでは足を取られる。泳いで壁を登ることが出来るなどのアイデアがさらにゲームへ付加されていきました。

この辺りは昨年のE3で公開されたデベロッパーズインタビューでも見ることが出来ますが、イカというキーワードから次々ピースがはまっていく様は興味深いですね。

数々のフィーチャーが追加され、機能面からデザインされたヒトに変身するイカが主人公となった『スプラトゥーン』。洗練されたゲームは、ほどなくして宮本チェックを通過。この5月末には日本のみならず世界各地域でローンチを迎えます。

Splatoon(スプラトゥーン)【Amazon.co.jp限定】オリジナル「イカす ステッカー」セット(B6型抜き×4枚)付
Splatoon(スプラトゥーン)
メーカー: 任天堂
開発: 任天堂
ジャンル: アクション
発売日: 2015-05-28
プレイ人数: 1-2人(通信プレイ時:4対4)
対応: amiibo, インターネット

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で