日欧では5月の発売を待っている段階ですが、北米では3月に発売済みのニンテンドー3DS用ソフト『Code Name: S.T.E.A.M. リンカーンVSエイリアン』。任天堂アメリカから7日、北米版向けに「Ver. 1.1.0」がリリースされ、敵ターンの高速化が実装されました。

敵ターン中の行動スピードを、最大3倍に高速化

本作でネガティブな評価の1つだった、長い敵ターン中の待ち時間が、今回の更新プログラムを適用することにより短縮され改善します。発表によれば、敵ターン中の行動スピードは、従来の3DS/3DS LL/2DSであれば2倍速で表示。ハード性能が向上しているNew3DS系統であれば3倍速で表示されるとのこと。

NoAからは、更新の告知と、パッチ適用前後の速度比較映像が公開され、赤いNew3DS XL上でキビキビと動く3倍速の様子を確認できます。国内版は発売までまだ時間があるので、予めこの高速化パッチが適用された形でのリリースとなるかもしれませんね。

『ファイアーエムブレム』や『ファミコンウォーズ』シリーズでSLGの実績を持つインテリジェントシステムズが開発する『Code Name: S.T.E.A.M. リンカーンVSエイリアン』は、国内では5月14日にリリース予定です。

Code Name: S.T.E.A.M. リンカーンVSエイリアン
Code Name: S.T.E.A.M. リンカーンVSエイリアン
メーカー: 任天堂
開発: インテリジェントシステムズ
ジャンル: シミュレーション・アクションゲーム
発売日: 2015-05-14
プレイ人数: 1-2人
対応: amiibo,オンラインマルチプレイ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で