予定される5月の発売まで最大で2ヶ月強に迫ってきた任天堂の新規Wii U用ソフト『Splatoon(スプラトゥーン)』。海外ではメディア向けの最新プレビューが開催され、新たなディティールやプレイ感覚が明らかになりました。

1人用モード

WiiU_Splatoon_24
『Splatoon』におけるシングルプレイヤーモードのデザインは、『スーパーマリオギャラクシー』のステージ設計に似ているとIGN。プレビューの5ステージをプレイした限りと前置きした上で、アクションを覚えながら空中に浮遊するエリアを移動する点や、スターリングではありませんが、発射台から次のエリアへ飛んで行くところに類似性を感じた様子。またマリオに通ずる任天堂らしいレベルデザインが見られるの評価も。

製作者の意図通り、操作方法を変えずにマルチプレイ時とは異なるゲーム体験を提供することに成功しているようです。

床を自分のカラーに塗ることが重要な、ナワバリバトル

WiiU_Splatoon_27
メインモードとしてこれまでも紹介されている「ナワバリバトル」。床をどれだけ自分たちのカラーに塗りあげたかのみが勝敗のポイントとなるので、射撃スキルが伴わなくても、チームの勝利に貢献できるのが『Splatoon』の良い所。

しかしながら、相手を倒すことが無意味かというとそうではなく、勝利のために有効な手段となる場合も。というのも、倒されて復活した後の一定時間は、クールダウン中だとしてインクを塗ることができず、チームに貢献することができないのだとか。相手の時間を奪うことにつながります。ただし、相手を倒すことに集中しすぎるのも禁物。それだけ自分が床を塗る時間を失うことに繋がるわけですから。

床を塗りつぶして自陣を広げることが目的となる『Splatoon』。インクを塗ることは他シューターで敵をダウンさせるのと同じくらい重要な意味を持っていて、敵を倒さなくてもチームに貢献でき、達成感を得ることができるとのこと。

新たなオンラインマルチプレイ「Splat Zones」

WiiU_Splatoon_25
通常のナワバリバトルとは異なるマルチプレイヤーモード「Splat Zones(「Ranked Battle」と呼ばれるオンラインモードの1つであるとも)」。このバトルモードでは、プレイヤーは特定エリアを占領し100カウント保持することで勝利となります。他のマルチプレイモードと同様に、チームは協力してライバルを占領エリアから締め出し、勝利するまでキープする必要があります。

任天堂によれば、このモードは通常のナワバリバトルでレベル10に達してから開放されるとのこと。対人のオンラインマルチプレイなので、プレイヤーが一定数レベル10に達してから遊べるようになります。

オンライン対戦中のボイスチャットが完全にオミットされていることは、やはり遊んでいて気になるようです。ただ、GamePad画面が戦況が表示され、推測できるというソリューションが用意。ボイスチャット無しを補って余りある非常に楽しいプレビューの時間となったようです。「これまでのところ、『Splatoon』は任天堂ゲームのハートや魂、職人芸のような細かい作り込みを感じられるソフトです」

Splatoon(スプラトゥーン)【Amazon.co.jp限定】オリジナル「イカす ステッカー」セット(B6型抜き×4枚)付
Splatoon(スプラトゥーン)
メーカー: 任天堂
開発: 任天堂
ジャンル: アクション
発売日: 2015-05-28
プレイ人数: 1-2人(通信プレイ時:4対4)
対応: amiibo, インターネット

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で