任天堂が、2015年5月の世界同時発売を目指して開発しているWii U用新規アクションシューター『Splatoon(スプラトゥーン)』。北米の公式サイトがオープンするなど、発売が近づいてきた感がありますが、海外メディア向けに行われたプレビューから、これまで発表されていなかった新たなオンラインモード「Ranked Battles」の実装が判明しています。

「Ranked Battles」の「Splat Zones」は、純粋にオブジェクティブゲームタイプにフォーカスしたバトルで、指定エリアを占拠し、100カウント守りぬけば勝利となるモード。いわゆる拠点戦ですね。

任天堂はこのモードを、ゲームの発売後にリリースする予定だと明らかにしました。モードのアンロックには、プレイヤーはオンラインのナワバリバトル(初公開されたE3 2014以来見てきた通常のバトルモード)で「レベル10」に達する必要があるとのこと。

「レベル10に達したら、“Ranked Battles”を遊べるようになります」

任天堂の担当者はハンズ・オンイベントで、IGNに対してコメント。

「ただし、任天堂はどのくらいのユーザーがレベル10に達したのか、世界的な進捗を見ながら、一定数を超えた段階でモードを開放することになるでしょうね」

こうした開放レベルが設定された決定の背景には、ナワバリバトルを遊ぶことで、このゲームの基盤となる操作体系やスキルを知ることができると考えられていること。また、そうしたスキルが密集エリアで戦う「Ranked Battles」を勝ち抜いていく上で必要である。と考えられている点が挙げられています。

任天堂はまた、「Ranked Battles」においても、自分と同程度のスキルを持つプレイヤーとマッチングする独立したレベルシステムの採用を明らかに。ランクは「C-」からスタートし、ゲーム全体のレベルとは別に設定されるとのこと。最高ランクは「A+」。

狭いエリアでの攻防となり、非常に激しいバトルが繰り広げられることになりそうです。

任天堂アメリカによれば、プレビューで遊ぶことができた「Splat Zones」は「Ranked Battles」の1つだということで、他にも複数ルールが存在するのかもしれません。

[追記
日本ではRanked Battleを「ガチマッチ」、Splat Zonesは「ガチエリア」という名称。

Splatoon(スプラトゥーン)【Amazon.co.jp限定】オリジナル「イカす ステッカー」セット(B6型抜き×4枚)付
Splatoon(スプラトゥーン)
メーカー: 任天堂
開発: 任天堂
ジャンル: アクション
発売日: 2015-05-28
プレイ人数: 1-2人(通信プレイ時:4対4)
対応: amiibo, インターネット

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で