GfKによる最新のUKチャート(2015年3月15日~3月21日週)が発表され、EAの人気FPSシリーズ『バトルフィールド』の新作『Battlefield Hardline』が初登場1位を飾ったことが明らかになりました。

Visceral GamesとDICEの共同開発による『BF』シリーズの新作として登場した『Hardline』は、2013年11月に発売された『4』の2位を上回る成績でデビュー。初週売り上げも2015年最大を記録しました。今週は他にも複数作がトップ10内でデビュー。まずは2位にスクウェア・エニックスの『ファイナルファンタジー零式 HD』。『FF』シリーズは海外人気も高く、上々の滑り出しとなりました。6位は『マリオパーティ10』、7位には『バイオハザード リベレーションズ2』がデビューと、日本のパブリッシャーが健闘を見せています。

複数の新作が登場した事により、常連タイトルは軒並み順位を下げる展開に。先週1位2位3位の『GTA V』『Dying Light』『FIFA 15』は2ランクずつ下げて3位4位5位でした。『CoD: AW』は16%伸ばしたもののランクダウンを余儀なくされ、『Minecraft』もまたダウンする結果に。その他、Xbox Oneバンドル効果で『Halo: The Master Chief Collection』が14ランク順位を上げました。

任天堂関連タイトルの動向

6位デビューとなった『マリオパーティ10』は『8』に次ぐシリーズ第2位の初動を記録。以下23位に『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D』、24位に『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』、37位に『トモダチコレクション 新生活』が入りました。『モンスターハンター4G』は33位でした。

UKでは苦戦する任天堂プラットフォームですが、他機種とは毛色の異なるソフトラインナップを揃えることで存在感を示しています。

UKチャート トップ20: 2015.3.15~3.21

  1. BATTLEFIELD HARDLINE – EA GAMES
  2. FINAL FANTASY TYPE-0 HD – SQUARE ENIX
  3. GRAND THEFT AUTO V – ROCKSTAR (-5%)
  4. DYING LIGHT – WARNER BROS. INTERACTIVE (-36%)
  5. FIFA 15 – EA GAMES (+11%)
  6. MARIO PARTY 10 – NINTENDO
  7. RESIDENT EVIL: REVELATIONS 2 – CAPCOM
  8. CALL OF DUTY: ADVANCED WARFARE – ACTIVISION (+16%)
  9. MINECRAFT: XBOX EDITION – MICROSOFT (-13%)
  10. MINECRAFT: PLAYSTATION EDITION – SONY COMPUTER ENT. (-10%)
  11. DISNEY INFINITY 2.0 – DISNEY INTERACTIVE (+36%)
  12. WWE 2K15 – 2K SPORTS
  13. HALO: THE MASTER CHIEF COLLECTION – MICROSOFT (+80%)
  14. TERRARIA – 505 GAMES
  15. THE ORDER: 1886 – SONY COMPUTER ENT.
  16. FORZA HORIZON 2 – MICROSOFT
  17. DESTINY – ACTIVISION
  18. FAR CRY 4 – UBISOFT
  19. EVOLVE – 2K GAMES
  20. THE CREW – UBISOFT
バトルフィールド ハードライン
バトルフィールド ハードライン
メーカー: エレクトロニック・アーツ
開発: Visceral Games, DICE
ジャンル: FPS
発売日: 2015-03-19
プレイ人数: 人
対応機種: PS4, PS3, Xbox One, Xbox 360, PC

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で