スペインのデベロッパーAkaoni Studio開発のニンテンドー3DS用ソフト『ゾンビ パニック イン ワンダーランドDX』が、国内ではアークシステムワークスから3月25日に配信されることが明らかになりました。価格は600円。

『ゾンビ パニック イン ワンダーランドDX』は、おとぎの国に出現したゾンビやモンスターを、銃や火炎放射器などの武器を駆使して倒していくアクションシューティングゲーム『ゾンビ イン ワンダーランド』シリーズの最新作。桃太郎をはじめ、ドロシーやアリス、白雪姫と、どこかで聞いたことのあるプレイヤーキャラクターが登場。敵キャラだけじゃなく、現れるオブジェクトもどんどん壊していくことができる、爽快感のあるシューティングです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で