各メーカーの発表などから拡大していることは理解できるものの、全体的な市場規模はなかなか把握できずにいる家庭用ゲーム業界のデジタル市場。

オンラインやデジタル、モバイルゲーム業界の市場調査を行っているアメリカのSuperData社は、今や490億ドルに上ると見られるデジタルゲーム市場が、家庭用ゲーム業界においても無視できない規模となっていることから、その集計対象範囲を拡大。2015年1月期における、据置ゲーム機デジタル市場の世界セールス上位10本の推計値を発表しました。

デジタルでもGTA V強し

TopUSDigitalConsoleByWWRevenue-Jan20151

据置ゲーム機におけるフルゲーム(ゲーム本編)、追加コンテンツ、マイクロトランザクションを含めた数字がまとめられた今回の報告によれば、1月期の1位は3180万ドルを販売した『GTA V』。2位の『CoD: AW』は2350万ドル、3位の『Destiny』は1420万ドルで続きました。日本のメーカーではカプコンの『バイオハザード HDリマスター』が1080万ドルで6位に入っています。

FIFA 15は、集計上のある理由からトップ10リスト外に

トップ10内にスポーツジャンル最大手である『FIFA 15』が含まれていませんが、これは今回の調査が当初、アメリカ国内でのフルゲームのダウンロード規模を分析する意味合いで開始されており、『FIFA 15』ソフトはほぼ小売店経由で販売されていたためにトップ10のリストから外れたと説明されています。追加コンテンツを含めた『FIFA 15』の販売額は2830万ドルで、うち93%がマイクロトランザクション経由だったとのこと。

プラットフォーム別ではPSがリード

TopDigitalConsoleByWWRevenueBYPlatform-Jan2015

SuperDataはまた、PlayStationとXboxプラットフォームの販売内訳も発表。今回の調査では、第8世代をリードするPS4がデジタル市場においても43%と半数近くを占めて他を圧倒しました。PS3も含めたPSプラットフォームでは63%を占めるなど、PSが優勢です。Xbox Oneも含めると前世代と比較して7割以上成長しており、デジタル市場への移行は鮮明となっているとのこと。

地域別ではアメリカが中心に

オンライン分野では中国が巨大な市場を形成していますが、今回発表されたトップ10の収益の半数をアメリカ市場で占めるなど、家庭用ゲーム機市場の据置デジタル分野ではまだまだアメリカが最大市場として君臨。例えば1月期4位に入った『Dying Light』は、デジタルセールスの81%をアメリカ市場が占めました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で