N64で発売された『バンジョーとカズーイの大冒険』の後継作となるべく、製作が進められている“Project Ukulele”。元レア所属スタッフが集い設立されたスタジオPlaytonic Gamesの第1弾プロジェクトですが、さらに頼もしいメンバーが複数、このプロジェクトに加わることが発表されています。

Playtonic Gamesからプロジェクトへの参加が発表されたのは、David Wise氏、Grant Kirkhope氏、Steve Burke氏の3名。いずれもレア所属時にコンポーザーを担当した面々で、“Project Ukulele”でも同様の役割を担います。

David Wise氏は『スーパードンキーコング』シリーズなどで知られる、レアを代表する作曲家の1人。最近では『ドンキーコング トロピカルフリーズ』や『Tengami』の音楽も担当しました。

Grant Kirkhope氏は今回のプロジェクトの元となっている『バンジョーとカズーイの大冒険』などで知られ、以前から『バンジョーカズーイ』新作開発に意欲を見せていた人物の1人。

最後のSteve Burke氏は、『カメオ:エレメンツ オブ パワー』等でその才能を発揮した人物。

強力なコンポーザー陣が加わった“Project Ukulele”。日本リリースは今のところ未定ですが、ファン注目のプロジェクトとなりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で