ジャイロ操作強制では無いようです。

E3 2014で発表され、2015年内の発売が予定されているWii U用ソフト『スターフォックス』。テレビに全体像を、GamePadにはコックピット視点を表示させるなど、任天堂が最近推し進めているGamePad活用プロジェクトの1つですが、ジャイロ操作だけでなく従来のコントロールスティックによる操作にも対応していることが明らかになりました。

米Game Informer誌の最新号に掲載されたという情報によれば、

「パイロットは Wii U GamePad のアナログスティックかモーションコントロールのどちらでもゲーム操作が可能です」

最近の傾向だと、ジャイロとスティックのハイブリッド操作も採用されていそうですが、どうでしょうかね。

E3 2014ではまだ開発初期段階だったという『スターフォックス』最新作。任天堂は外部スタジオと協力して2015年内に完成・発売する計画です。「TGA2014」では同じく2015年発売を予定しているWii Uの『ゼルダの伝説』最新作より早いとの宮本氏からのコメントもありました。

また、E3 2015ではプレイアブルで出展予定

据置ゲーム機向けの新作は、GCの『アサルト』以来なので10年ぶり。フォックスたちがどんな冒険や掛け合いを見せてくれるのか楽しみです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で