Curve DigitalとSize Five Gamesは、Wii U版を含む家庭用ゲーム機版『The Swindle』の発売でSize Five Gamesと提携したことを発表しました。対応プラットフォームはWii U/PS3/PS4/PS Vita/Xbox One/PC。Curve Digitalは家庭用ゲーム機への移植・販売を手がけます。

『The Swindle』は、ローグライクやRPG要素、ステルス2Dアクションをミックスしたようなゲーム。ビルに潜入してシステムをハッキングし、目的のブツを盗んで脱出するというのが目的。ステージ間ではスキルやツールで能力をアップさせることで、より強固なセキュリティ対策が施されたビルへも潜入できるようになるということです。

Size Five Gamesの開発者兼オーナーのDan Marshall氏は、Curve Digitalとの提携により、自分たちオリジナル版に磨きをかけることに集中できるとメリットを説明。

『The Swindle』は当初、2011年にPC用タイトルとして発表。しかしゲームとしてまとめ上げることができずにキャンセルされていました。新版はレベリングやシーフ要素にフォーカスした形で2014年10月に復活が発表。開発が順調に進めば2015年夏にも発売される見通しです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で