NPDグループから2015年1月期のアメリカビデオゲーム市場レポートが報告されました。2015年1月のUSゲーム市場は、ソフトや周辺機器・アクセサリ類が数字を伸ばしたものの、ハードウェア市場が落ち込み、総規模では前年同月から6%減少して6億2570万ドルでした。

ハードウェア: 23%ダウンで2億ドル割れ

ハードウェア市場の販売額は、前年同月比23%マイナスの1億8550万ドル。

2014年は、一昨年末にローンチを果たした第8世代ハードの勢いが持続していたハード市場。2015年に入って落ち着きを見せ始め、1月のPS4やXbox One等は前年比で22%のダウン。また普及しきった第7世代は昨年から35%落ち込んでいます。PS4/Xbox Oneの普及台数は、同時期のPS3/Xbox 360と比較して60%上回っているとNPDグループのアナリストLiam Calahan氏。ただ少しずつその差は狭まってきています。

ソフトウェア: 新作が好調で前年比プラスに

2015年1月のUSチャート首位は『Dying Light』。チャートトップとなるだけでなく、サバイバルホラージャンルにおける新規IPの単月販売記録を更新する好調な出足となっているようです。

今月は第8世代向けソフトが74%増加する一方、第7世代は36%減少。この結果、第8世代が第7世代を上回っています。また携帯機向けも12%減少しました。

1月発売タイトルの売り上げは、前年比で200%増加。新作が好調なセールスを見せたことにより、ソフト市場は前年同月比6%アップの2億3570万ドルでした(PCソフトを含めた場合は前年比5%アップの2億4230万ドル)。仮に新作の売り上げが前年と同程度だった場合、全体では4%ダウンしただろうとのこと。

2015年1月のUSチャート トップ10

  1. Dying Light (PS4, Xbox One, PC)
  2. Call of Duty: Advanced Warfare (Xbox One ,PS4, Xbox 360, PS3, PC)
  3. Grand Theft Auto V (Xbox One, PS4, Xbox 360, PS3)
  4. Minecraft (Xbox 360, PS3, Xbox One, PS4)
  5. NBA 2K15 (Xbox One, PS4, Xbox 360, PS3, PC)
  6. Super Smash Bros. (Wii U, 3DS)
  7. Far Cry 4 (PS4, Xbox One, 3Xbox 60, PS3, PC)
  8. Madden NFL 15 (Xbox One, PS4, Xbox 360, PS3)
  9. Destiny (Xbox One, PS4, Xbox 360, PS3)
  10. FIFA 15 (PS4, Xbox One, Xbox 360, PS3, Wii, Vita, 3DS)

周辺機器・アクセサリ類: ハードウェアを上回る規模に

周辺機器・アクセサリ類は3%アップの2億460万ドル。2015年1月はハード市場を上回る規模となりました。コントローラやインタラクティブなゲーム連動トイ、ヘッドセット・ヘッドフォン、電源などが貢献したとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で