今秋の日本市場参入を発表した動画配信サービスNetflixが、任天堂の人気ゲームシリーズの1つである『ゼルダの伝説』を題材にしたTV番組を製作中であると報じられています。

WSJが報じている、関係筋が明らかにしたというこの情報。リンクがゼルダ姫やハイラルを救う『ゼルダの伝説』のひな型とも言える物語をベースにした実写シリーズで、Netflixと任天堂が協同で取り組んでいるとのこと。ただし作家を探しているなど制作はまだまだ初期段階で、プロジェクトが頓挫する可能性も指摘されています。

Netflix広報担当者は明言を避け、任天堂はいつものように「噂や憶測にはコメントしない」と回答。

任天堂は2014年1月の経営方針説明会において、キャラクターIPをこれまでより積極的に活用していくと発表。岩田社長は、Win-Winの関係で進められるものであれば、例外とせず柔軟に対応していく。キャラクターIPの積極活用を世界的に進めていくことで、ビデオゲームプラットフォーム以外の場でも、より多くの人の目に触れるようにしていくことを目指していくと述べています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で