昨年ロケテストが行われて明らかになった、アミューズメント施設向けの『ルイージマンション アーケード』。2月13・14日に幕張メッセで開催されるJAEPO2015(ジャパン アミューズメント エキスポ 2015)に出展されることがセガから発表されており、ゲームや筐体の概要、稼働開始予定時期のほか、新たなスクリーンショットが公開されています。

『ルイージマンション アーケード』は、シリーズでお馴染みのオバキュームを使ってゲームを進めていく、いわゆるガンシューティングのようなスタイルのゲーム。ただオバキュームでオバケを吸い込んで退治するだけでなく、ステージ各所に隠されたコインやアイテムも吸うことが可能で、従来のガンシューティングとは異なる探索要素も楽しめるとのこと。

55インチの液晶ディスプレイを備えた大型筐体は、4つのスピーカーとウーファーの音響効果により臨場感抜群。さらに照明による演出が加わることで、アトラクション感覚も体験できるゲームとなっているようです。

夏とされていた稼働開始時期は2015年6月を予定。プレイ人数は最大2人まで。

また、ベースとなっているニンテンドー3DS用ソフト『ルイージマンション2』の売り上げは世界累計400万本を突破。2014年3月末時点で398万本だったので時間の問題でしたが、現在も数字を伸ばしているようです。

ルイージマンション2 / 任天堂
ルイージマンション2
メーカー: 任天堂
開発: Next Level Games
ジャンル: アクションアドベンチャー
発売日: 2013年3月20日
プレイ人数: 1人(通信プレイ時: 2~4人)
対応: ローカルプレイ、インターネット、ダウンロードプレイ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で