2013年に、「Appleデザインアワード」やApp Storeの「今年のグッド iPhone/iPad ゲーム」を受賞した『Badland(バッドランド)』が、Wii Uでも配信されることが発表されました。

『Badland』は影絵風の美しいグラフィックとサウンドが特長的な、指一本で楽しめる横スクロールのアクションアドベンチャーゲーム。プレイヤーは森の住人の1人となって、加速したり減速したり、巨大化したり、逆に小さくなったり、あるいは増殖したりしながら冒険を進めることになります。

ゲームはオートスクロールで、タッチしている間プレイヤーは上昇、離すと下降という動作。ボタンを押したり離したりして絶妙な高度をキープしたりする、ざっくり言うと『ドンキーコング リターンズ』のロケットバレルステージに近い操作感覚ですね。難易度も遊びごたえあり。

そんな『Badland』が、この春『Game of the Year Edition』がWii Uのニンテンドーeショップでリリース予定であることが発表されました。

GOTY版はオリジナル版リリース当初より4倍以上となったコンテンツ量が特長となっていて、4人までのマルチプレイや協力プレイに対応しているほか、全体で15時間程度の1人用モードと協力モード用のミッションで各100ステージを収録。またマルチプレイ用に27のデスマッチステージが用意されています。

『Badland: Game of the Year Edition』はWii Uのほか、Xbox OneやPS4、PS3、PS Vita、Steamで今春リリース予定。モバイル版も好評配信中です。

バッドランド (BADLAND)

(2015.01.29時点)
posted with ポチレバ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で