2014年のビデオゲームトップは『FIFA 15』。でも、エンタメ部門全体のトップは『アナ雪』に軍配。UKのエンターテインメント小売業協会(Entertainment Retailers Association, ERA)が、GfK Chart-Trackの集計した数字に基づくビデオゲームや映画、音楽アルバムの販売数トップ20を発表し、『Destiny』や『Call of Duty: Advanced Warfare』を上回った『FIFA 15』がUK市場におけるトップセラーゲームとなったことが明らかになりました。

『FIFA 15』は266.3万本を販売。187.3万本の『CoD: AW』に82万本以上の差をつけて、UK市場におけるトップセラータイトルとして君臨しています。ちなみに去年の数字だと『FIFA 14』は265.6万本、『CoD: Ghosts』は199.1万本でした。

ビデオゲームとしては確固たる地位を築いている『FIFA』ですが、今年もエンタメ総合1位ならず2位。さらに上がいます。昨年は『GTA V』や『007』、そして今年は日本でも爆発的なヒットを記録した『Frozen(アナと雪の女王)』が『FIFA』の首位を阻みます。

『アナ雪』は、昨年数々のビデオゲームレコードを更新し続けた『GTA V』の367.0万本を大きく上回る401.2万本を販売。2位に圧倒的な差をつけての年間1位となりました。

20位のリストは以下の通りです。ゲームからは『FIFA 15』や『CoD: AW』のほか、昨年1位で今年はリマスター版も発売された『GTA V』、『Destiny』『Watch Dogs』が入りました。

2014年:UK市場エンタメコンテンツ ベスト20

  1. 4,012,676 – Frozen – Disney
  2. 2,663,296 – FIFA 15 – EA
  3. 1,837,025 – Call of Duty: Advance Warfare – Activision Blizzard
  4. 1,753,226 – Ed Sheeran’s X – Warner Music
  5. 1,550,635 – The Hobbit: The Desolution of Smaug – Warner Home Video
  6. 1,341,472 – Grand Theft Auto V – Rockstar
  7. 1,296,295 – Sam Smith’s In the Lonely Hour – Universal Music
  8. 1,092,486 – The LEGO Movie – Warner Home Video
  9. 1,078,911 – The Hunger Games – Catching Fire – Elevation Sales
  10. 1,056,960 – Mrs Brown’s Boys D’Movie – Universal Pictures
  11. 999,201 – Now That’s What I Call Music 89 – Sony Music/Universal Music
  12. 992,818 – Guardians of the Galaxy – Walt Disney Studios
  13. 974,067 – Frozen Soundtrack – Universal Music
  14. 937,235 – Destiny – Activision Blizzard
  15. 915,355 – Gravity – Warner Home Video
  16. 888,621 – The Wolf of Wall Street – Universal Pictures
  17. 849,859 – The Inbetweeners 2 – Channel 4 DVD
  18. 808,799 – Watch Dogs – Ubisoft
  19. 728,683 – Now That’s What I Call Music 88 – Sony Music/Universal Music
  20. 704,069 – George Ezra’s Wanted on Voyage – Sony Music

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で